カテゴリー「【S8】 Information」の記事

2012年12月12日 (水)

Blog出張?(Mountain Martial Arts)

ブログを一時、こちらのサイトへ出張します。

こちらのブログはこのまま存続させますが、当面はMMA(Mountain Martial Arts)のブログに書いていきます。

引き続きよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

ハセツネドキュメント2012+PLUS (DVD) 発売!

今回、このDVDのCAMランナーの1人として参加。

このDVDは7割一般ランナー、3割上位ランナー(体感値)という構成で、今回はズバリ一般ランナーが主役。これまでのDVDでは、プロのカメラマンが各ポイントで待ち構えて、トップランナーを沢山のカメラで追う。そして最終ランナーの姿を追う(スピードが出ていないので追いやすく、奮闘する姿が絵的に美味しい)という内容だったと思うが、今回はカメラは素人だが、3人のトレイルランナーがカメラを持ってコース最深部に入り、選手達とともに走ることで、これまでと違ったものが撮れるのではないか?というモヤッとした予想の中、撮影が開始された。

我々は撮りっぱなしで、映像編集はプロの方がおこなったので、発売されるまでその映像を観る事ができなかったが、それぞれのカメラに映っていた映像は、これまで観たことがないトップ選手~一般選手達1人1人の熱いドラマの一部が映った予想以上のドキュメンタリー映像だった。

当日は3人のCAMランナーで以下のようにハセツネコースを3分割。

・スタートから第二関門(tomo)
・今熊神社+第二~ゴール(ランブラー)
・大岳山~ゴール(JIRO)

という担当。

hase_2n

装備はそれぞれ3人違うが、自分はGoPRO HD HERO2とSONYのハンディカムという装備。しかし、10時間以上山に入るので、予備バッテリーを持ちつつ、GoPROはスケルトンケースでUSBバッテリーを充電しながら撮るという対策をとった。
自分に与えられたMISSIONは、
①今熊神社でトップ集団を撮る。
②第二関門少し先の小河内峠で男子トップ集団を撮る。
③その後、大ダワ〜大岳山の間の笹尾根で女子トップ&江田良子選手を撮る。
④③を撮ったら、ゴールまで12時間前後の選手と共に移動。

というMISSIONだった。
①のミッションは、今熊神社への移動に予定より20分程遅れてしまい、カメラと三脚を担いで、レースでも出したことが無い速さで今熊神社を登る。それでも間に合わなそうだったので、第一展望台に荷物を置いて、カメラと三脚だけもって再び駆け上がる。そして、第二展望台から、変電所を通過する選手をズームで撮って、その後今熊神社の分岐へ移動して、三脚で上位選手たちの通過を撮った。MISSION①は先ず成功。

その後、車で第二関門へ移動。
②を収録する為に、第二関門から小河内峠へ走って移動。何時に来るかわからないトップ選手を待機中にカメラのバッテリーが切れてしまうというアクシデント発生。慌てて交換していた矢先にトップでダコタ・ジョーンズ選手が登場。薄暗い奥多摩の奥地で世界トップ選手と1対1で向かい合うというシチュエーションに背筋がゾクゾクとした。そして、カメラを持ってダコタ選手を追跡するが、彼は登りは歩いているのだが、自分は走って追走している。そのしなやかでスルスルと登っていく世界レベルの登りの様子がバッチリ映っているので是非観て欲しい。

上りが終わると当然のごとくダコタ選手は走っていったが、カメラでは追えない速度なのでそこで追跡は終了。その後、続々と来る2位~10位くらいの上位選手達を小河内峠の登りを何度も往復して撮っていたので息が荒くなっているのがそのままカメラに入っているが、そういった理由があったということでお許しを願いたい。

そして、MISSION③へ。
我々CAMランナー達は携帯電話も繋がらず、誰が何位でタイムがどれくらいか?という情報が全く持っていない。そんな中、暗闇で女子トップがいつ後方から来るのか?ドキドキしながら選手と一緒に走りながら大ダワを目指す。10kgを越える荷物(トレイルラン装備+カメラ装備)を背負っているので普通に走っていても相当の運動量で予想以上に移動に時間がかかっていた。もちろん、食糧も水もサポートが無い。女子トップ選手の気配を背後に感じながら大ダワ(約50km地点)を過ぎて、なんとか笹尾根に到着。暗闇で女子トップを待ち構えているが、選手達のヘッドライトしか見えず、誰が来たのかさっぱりわからない状態。自分の手前2m位を通過する一瞬で誰かを判断しなけれればならなかったのだが女子選手は一般男子の上位選手達と混じっているので、男子トップと違ってとても判別が難しい。そんな中で、女子1位の選手が暗闇から出現!

「女子トップだ!佐藤光子選手だ!」

と一瞬でわかってカメラに収められたのはトレイルランとその周辺を良く知っている者にしか撮れない映像だったはず。そして、佐藤選手を追いながらカメラに向かって、昨年大ダワでリタイヤしたが、今年はそこを通過してトップにいるその時の感慨深い心境を走りながらライブ感たっぷりで話してくれたのは本当に嬉しかった。

その数分後に2位で江田良子選手が登場。江田選手はトレラン王国でコラムを持っているので確実にカメラに収めるミッションにあったので、しばらく並走して話ながら撮ることができた。普段ニコニコとさわやかな笑顔の江田選手だが、勝負モードの瞬間を見られるというのもめったにないだろう。

無事MISSION③を撮り終えて、そしてMISSION④へ。一般選手にランダムに話しかけながらゴールまで走った。ちなみに、21時31分の大岳山付近で「絶好調~!」と言っている後ろ姿の選手は、肋骨を折ってギプスを着けて参戦していたOSJ代表のタッキー

その他見どころ
haserun

上位選手がスタートラインに移動中に「プワー!」とスタートの号砲が鳴って、選手もカメラマンも慌てて走りだす様は必見(笑)

tomoさんが「ハセツネがんばるぞー」と選手を大声で鼓舞して「オ―!」と応える選手達。彼がいる登り坂はみんながキツい場所である事を知っているからこそできるアドリブ。そんな笑いと元気を貰えるシーンが沢山!

各所のボランティアスタッフや応援団達の楽しい雰囲気。

JIROさんが撮る美しい日の出の瞬間と、朝日を浴びながら金毘羅尾根を駆け下るさわやかな選手達。

そして初潜入?誰もが乗りたくない、リタイヤ者収容バスの中の様子。

等々、撮りながらも応援をしているカメラマンという映像もこれまで無かったのではないだろうか?トレイルランナーだからこそ撮れた「カメラと選手の距離が近い」映像の数々を是非観て欲しい。

それかれら、ダコタ選手のレース後インタビューは必見。若干20歳の選手が語るレースの感想と自己評価の様子は、例えば自分が明日いきなりスーパーな身体能力を得てレースに優勝したとして、インタビューであれだけの受け答えが出来るだろうか?今後優勝に絡む上位選手はインタビューを受けた時にとても参考になる見本になるし、優勝に絡まない我々であっても、普段の会議や面接でこういった語りが出来無ければならないのではないだろうか?という人としてのお手本となるだろう。

そして、この冬のランニング仲間との忘年会や新年会のBGVに、トレイルランって何?って思っている家族達にお正月の集まりでこの映像を見せて理解を得るなど活用できるはず。また、将来的にハセツネに出たい人は選手目線カメラなのでレースを疑似体験できるのでおススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

歴ロゲ番外編「どエムな国で隠れエムを探そう!」

毎年恒例と言えるようになった一部の人には好評をいただいている「歴ロゲ」ですが、2月11日に番外編として変わった趣向を凝らして開催されます。

詳しくはこちらを見てください⇒■

今回は本格的なロゲイニングではなく、オリエンテーリングと言った方が近く、ランや走力を試される事は一切無し。完全にエンターテインメントに振り切った形で開催されます。終わった後はそのまま夢の国で過ごすもよし。何かいつもと違う事を!という主催のsuuさんの心意気に賛同して、今回も実行委員として自分も参加します。ご家族、ご友人や、バレンタインも近いので気になっている男子を誘ってサプライズのチョコ渡し…などに使うもよし(笑)お時間ある人は是非参加してください。

過去の歴ロゲの様子:
歴ロゲ2010
歴ロゲ2011

Upt2dsn3d

関係無いですが、このJOY DIVISIONバージョンのTシャツが欲しいです。

※画像と記事の関連性はありません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

OSJフリースタイル通信(Vol.24) 鎌倉トレイルmap

誰もが一度は迷う、鎌倉トレイルという名の迷宮(ラビリンス)・・・。

でも、もうこれで迷わない!

Kamakura_osj


…しかし、今更ですいません。
9月発行の秋号で、来週にも新しい号が出てしまうので、関東近郊のハイカーもトレイルランナーも今のうちにゲットしておきましょう。

Ph_vol24_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

[チャリティ]横山峰弘選手 富士山でのトレラン練習&講習会参加権

2009年のUTMB6位、日本山岳耐久レースの優勝経験者である横山峰弘選手による、UTMB,TD,CCC向けの富士山でのトレラン練習&講習会がチャリティーオークションという形で開催されます。

日程は今月の7月23日(土)来週です。
そして、オークション入札締め切りは明日7月15日(金)22時までです!
情報はこちら⇒■終了しました。

IMGP0437


自分は横山選手の講習を2回受けていますが、初回の講習で自分の走り方の欠点を1発で見抜いてもらいました。今思えば、もしあの講習を受けていなかったら?脚を痛めてしまう走法に気がつかず、ダメージが長引いてその年の日本山岳耐久レースには出られなかったかもしれませんし、出ても満足のいく結果が残せなかったかもしれません。

他のトレイルラン講習では人数も多く個別にそこまでやってもらえる講習は少なく、欠点を指摘できる講師もそう多くありませんが、その人の為を思ってズバリと指摘してくれる横山選手の姿勢はとてもありがたいです。今回は人数も少なく、そういったチャンスも多いのではないでしょうか?

トップランナーのUTMB向けトレーニングのノウハウ吸収もできて、走って東日本大震災チャリティにも貢献できる素晴らしい企画ですし、今夏UTMB/TDS/CCC挑戦者は参加してみてはいかがでしょうか?日程的に行けるなら迷わずポチっといくべきです。行けるなら自分も参加したい企画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

dyogって知ってる?

遅くなりましたが、2010年のMy Best Gear(?)はこのdyogです。

Dyog00

ギアではなくwebサイトです。ダイオグ、ディオグ?呼び方は人それぞれですが、ドウグという日本語を外国人が言う発音っぽいダイオグがいいなと、自分では思っています。

簡単に説明すると、自分用の道具リストを作ってくれる便利な機能があり、同じ道具を持っている人がいたら、その写真や情報をそのまま自分のリストに加える事ができるという便利な機能もあります。いわば、アウトドア道具好きのSNSサイトで、もちろん無料です。

dyogで一番便利な使い方は自分の道具リストを作れる機能です。
山行に合わせて道具リストを作れるので、準備する時間が無い時にあらかじめ登録しておくと悩まず、忘れ物も防げて便利です。そして、他の人のギアリストも見られるので参考にもなりますし、こんなギアがあるんだという発見もあります。一緒に山に行く仲間とリストを見合えば、同じ道具を持って行かずに済むなんて使い方もできます。

登録にあたって、日本語解説が無いので抵抗がある人がいるかと思いますが、
その意味としては、サイトのオーナーが世界の人に使って欲しいという意図があるからだと思います。
まだ外国人登録者は少ないですが、今後増えてくると国際的な交流が生まれる面白いサイトになると思います。

というわけで、簡単に以下に使い方を解説します。


①登録する
まずはtwitterのアカウントを取得する(持っている人はそのまま利用可能)
twitterアカウントを取得後に、TOP画面右上にsignin by twitterをクリックするとtwitter接続画面になるので、許可するを選択。


②自分の持っている道具を登録する。
まずは何でもいいので1つ自分の持っている道具を登録してみましょう。HOME画面にNew Gearという記入枠があるので、そこに登録したい道具の名前を記入して"dyog it!"をクリックすると以下の画面が出ます。

Dyog

カテゴリー、ブランド名、重さをそれぞれ記入します。重さはわからなければ書かなくてOKです。特にカテゴリーのネーミングのルールはありませんが、後々整理しやすい名前のつけ方が良いと思います。他の人のリストを見て参考にしましょう。ブランド名は誰かが登録していたら頭文字だけ入力すると候補のブランド名が出るのでそれを選べば楽です。記入が終わったら再び"dyog it!"をクリックすると登録完了。これだけです。 Dyog02

登録後に上記の画面になるので、左の+アイコンをクリックすると画像を登録できます。画像が無ければ後で追加できます。


③誰かが登録している道具を共有する。
Dyog03
誰かの道具リストに自分が持っている同じものが既に登録されていたら?
その誰かの道具をドラッグすると、Copy This Gear表示が出るのでそれをクリック。そうすると、その道具が自分の道具一覧に追加されます。重さを計ったり、道具名やブランド名をいちいち記入しなくても自分の道具リストに追加できて便利です。山道具はそう多くの種類があるわけではないので似通って当たり前。どんどんパクってしまいましょう。


④道具リストを作る。
一番の便利機能の道具リスト作成です。HOME画面右にあるNew Listをクリックすると以下の画面になります。
Dyog04

リスト名を作成し、②や③で登録したギアがずらっと下に並んでいるので、そのチェックボックスをクリックすると道具リストに追加されます。重さを入れておくと、トータルの重さが自動的に表示されます。

(追記) リストはアイコン下のPrintをクリックするとプリント可能。CSV(exel)をクリックするとエクセルデータで出力できます。


山に持っていく道具(ハードウェア)でなはいけれど、山に行く準備段階で活躍するという意味では便利な道具と同じ存在であると思います。そういう意味でMy Best Gear 2010なのです。

興味をもった人はまずは、dyogを訪れてみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

激走モンブラン!

IMGP0290

現在、suuさんに依頼されたこともあり、
UTMB(CCC)参加のまとめを書いています。

明日10月31日(土)20時~NHK総合テレビ ワンダー×ワンダーで「激走モンブラン!」
が放映されるので、観て思い出しながら書きたいと思ってます。
各blogで紹介されているのでトレイルランナー視聴率80%はいくのでは?(笑)

モンブランの景色が良いのは当たり前だろうけど、
走っているとシンドイので思ったほど景色は観れていないので、
放映で改めて堪能したいと思います。

UTMBに関してblogや雑誌などの記事をあちこちで見ていて、

「(UTMBの)素晴らしいホスピタリティ」

という言葉が見受けられると思うが、
UTMBが単にボランティアの数が多いとか、
エイドのフードやドリンクが充実しているとか、
ホスピタリティとはそれらを指してるわけではない。

明日の放映で、70歳の最年長ランナーが160kmを走破し、
ゴール後に飛び込んだ先は何だったのか?
このシーンにUTMBの全てが凝縮されていると思う。
(番組予告で写っていたのでカットされていなければ観られるはず)
↑残念!カットされてました。
11月29日 22:00~23:30
NHK-BS「ハイビジョン特集」に期待!

そして、日本のトレイルレースに決定的に足りない部分や
違いはそこにあると思う。日本のトレイルレースの関係者は
そこから何を感じるだろうか?

これは大会規模や予算は全く関係ない。
日本のトレイルレースでも出来ること。
ただ、すぐに出来るとは思えないが、続けていく上で
築きあげられていくものだと思う。
日本ではTJARや信越五岳が近いところにある。

IMGP0298

それから、見所としては、レース参加者、その家族、主催者、
ボランティアスタッフ、街と応援者の一体感。
その感じが映像から伝わってくると良いなと期待してます。

ワンダー!…

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

モンベル/ウォーターパック 0.3l

Montbel_wp03_2

モンベルのウォーターパック 0.3Lがアウトレット行きになってます。
気になっていた人はお早めに。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

映画「劔岳 点の記」公開記念 μTOUGH-8000特製モデルプレゼント

Tough8000
プレゼントへの応募期間は7月11日迄 運試しに応募してみては?

新田次郎著「劒岳〈点の記〉」の小説を調度読み終えました。
地名が出てくると、地図を見比べながら読むので結構手間でしたが、
わからなかった所は映画で補完したいと思います。

木村監督は元カメラマンということで、
どこを撮れば美しいか?ということを踏まえたシーン作りになっていると
思うので期待してます。

先日、映画「劔岳 点の記」のインタビュー番組で、
撮影現場では台本を1冊持つか?ペットボトル1本の水を持つか?
装備の重さが死活問題に直結するので、スタッフは水を持つ方を選択し、
誰も台本を持ってなかった(笑)
というエピソードに本物感を感じて、一気に期待感上昇です。


週末は天気にもよりますが、谷川岳へ行く予定。
「クライマーズハイ」は読みかけで終わっていたので、
その前に読んでおこうかな。

山岳映像といえば、次回のNHKのワンダー×ワンダーでは、
結晶洞窟と冬富士映像がまた観られるようなので
この夏富士山行く人はさらに楽しめると思います。





梅雨時期にはテレビや映画で山体験…



【S8】 Information | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

PIE2009

Sakura-zaka@Akasaka

各社の新作カメラの発表ラッシュで目移り中。
今年は各社から新しい防水コンパクトカメラの発表もあり、
よりアウトドア使用を意識したデジカメが増えるのはありがたい。

本日26日(木)から3日間、PIE2009のペンタックスブースで加藤則芳氏トークショー

勝手な想像だが、アパラチアントレイル等の旅の写真が見られそう。

アパラチアントレイルのギアリスト
コンパクトはペンタックスのOptio 43WR、一眼はistDs
1世代、2世代くらい前の機種だが、どちらもアルカリ電池も使用できるのが
アウトドアかつ長旅ならではの選択。

同社のK200Dが一眼としては軽量で、防塵・防滴かつアルカリ電池駆動できるという、
アウトドアで使える一眼としては機能の揃った良い機種だが、
K-mが専用バッテリーのみとなり市販のアルカリ電池で駆動する
コンシューマ向けしかも防塵・防滴の一眼機種が今後出るのか?はわからないので、
K200Dを買っておこうか?もう生産完了しているが、未だに悩んでいる。

最近のコンパクトデジカメもアルカリ電池が使用できる機種が減ってきている。
防水、防塵・防滴ではないが、RICOHのGR DIGITAL IIGX-200
単4電池"も"使えるところがアウトドアでは便利。
単4電池ならヘッドランプのバッテリーやGPS()にも使える。

バッテリーに関してはこういったハイブリット仕様だとありがたい。
そして、広角レンズで防水(せめて防滴)なら申し分無いのだが。

最後は願望になってしまった…

【S8】 Information | | コメント (2) | トラックバック (0)