カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2016年9月24日 (土)

お久しぶりです




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

まだまだ、がんばろう日本!(宮城県山元町へ)

IMG_2681[1]

今更かもしれないけど、被災地に行ってボランティア活動をしてきました。

しかし、この宮城県の山元町は3.11から五か月経っても、未だに3.11のまま時間が止まっている状態の家も数多くあります。今まさにボランティアの力が必要とされています。自衛隊も撤退した今、今更ではなくまだまだ全然人手が足りていません。

詳しくはわかりませんが、この地域は堤防が決壊して、「立ち入り制限区域」になっています。その為、ボランティアのニーズがあるのに、役場から公的なボランティアが派遣できないという"おかしな事"になっています。その為、地元のお寺が私設ボランティアセンター「テラセン」が有志によるボランティア活動をおこなっています。
IMG_2721[1]


(関連記事)
【東日本大震災】ボランティアが来ない… 宮城・山元町の避難指示区域 安全確保に壁 がれき処理進まず - 産経新聞

今回参加した有志のボランティアは約10名。初日の午前中はお墓の草むしりとガレキ撤去。

IMG_2682[1]

ここの墓石なのか?隣の墓石なのか?波で流されてカオス状態の墓地を前に、はたしてこんな場所の整備をして意味があるのだろうか?そんな疑問を持ちながらせっせと草むしりとゴミの撤去をしていたら、自分が整備したお墓に15人くらいの大家族がお墓参りをしに来た。どんな見た目であれ、ここは御先祖が眠る場所だ。そして、墓石は崩れているが、それなりに綺麗になっている状態にはなっていたので、少しは役に立ったかな?と思うとその後のモチベーションが上がった。

午後は民家の泥出しへ。家の中に入ると、家の中にあったものではない、たくさんの砂と汚泥と流木と家財道具がぐちゃぐちゃに混ざり、あまりの酷さに「どうすりゃいいんだ?」と途方に暮れる。
IMG_2692[1]

幸い近隣に漁港がないため、蠅がわいていたり、異臭がするという事が無いのが少しは救いかもしれない。

そして、結局取り壊すしか無い家で清掃活動って意味があるのだろうか?そんな問いかけをしながら、スコップと手押し車で全力で泥かきをしていたら、そこの家に家族の写真が出てきたりそて、高齢の家主さんに喜んでもらえた。

素人のボランティアでも10人で1日やれば、ここまで出来る。
IMG_2699[1]

最初暗い表情だった高齢の家主さんが、家が綺麗になっていくと少しづつ表情が明るくなっていくのがわかる。

家主さんが泥出しの立会をしていると、連絡できなかった近所の人と偶然会えて、またコネクションが繋がる。

たとえ、壊される家を片付けていても、新たな何かが生まれる瞬間を目の当たりにした。

「意味なんか関係無い。方法はどうであれ、ほんの少しだけ、役に立てればそれでいいのではないか?そして、公的なボランティアではできないことをやれたのではないか?」

そういった答えをもって、山元町を後にした。

我こそはと思った方はテラセンに問い合わせてみてください。

トレイルランナーなら日常では有り余ったパワーを存分に発揮できます。

電気や水が通っていない場所なので衣食住を自己完結できるハイカーは力になれます。

力仕事は無理と思っている女子でも、草むしりや掃除、高齢者とのお話相手もあります。

保険にも加入できます。⇒■(●「ボランティア保険」について、を参照)

車が無い人も乗合いで何とかなります。⇒■(mixiコミュニティ)

テラセンは公的な資金援助が受けられていません。だから、物資援助や寄付は大きな助けになります。⇒■

まだまだ、あなたも力になれます。


【参考】
google map

■⇒3.11前

■⇒今現在

ほぼ日⇒■山元町と手をつなぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

Reason

遅くなりましたが、現在発売中のトレイルランニング・マガジンでRunning Stick(自作ストック)を紹介していただきました。こんなマニアックなものを取り上げもらい、ありがとうございます。今回はマスプロダクトと並んでの紹介ということでどんな耐久テストをされるのかとドキドキしていましたが、そういったテストは無かったようです。

マスプロダクト製品と比較して違う点は、グリップとラインになると思います。これまではカーボンの超軽量トレイルラン向けのストックは発売されていませんでしたが、今後各社から出てくるようなのでカーボンを使用している事は明確な差別化にはならなくなりました。

グリップはコルクグリップを使用しています。値段はEVAの3~5倍ほどします。
ラインは現在は1m 500円の伸びにくい強力なラインを使用しています。
今ベストと思える素材を値段に関係なく使用しています。これが手作りの最大のメリットかもしれません。

グリップをコルクにした理由としては、軽量化という意味もありますが、汗や雨で濡れた時でも一定のグリップ力を発揮する為です。特に汗をかきやすいトレイルランでは手が濡れている事の方が多いのでコルクグリップは適していると思います。

高価なラインを使用するのも山で使用中に水分を吸ったり、使用頻度からのラインの伸び現象を抑える為です。
また、記録を争うトレイルランにいおいてラインが切れて修理する時間はありませんので、絶対に切れないという過剰すぎるくらいの強力なラインを使用しています。

カーボンパイプは非常に高価で、同じ軽さのアルミパイプの約8倍ほどの値段です。しかし、カーボンと同じ剛性のアルミパイプにした場合、話にならないくらい重くなるので、単に重さだけでは比較できない重さと剛性のスペックが存在します。

そのカーボンパイプの長所は軽くて丈夫な点ですが、欠点としてはピンポイントに強い負荷がかかるとその部分が簡単に折れやすい点です。特に接合部はテコの原理が作用して集中的に負荷がかかるので、何も対策しないと簡単に折れます。

その為、カーボンパイプの分割する接合部にアルミパイプを手作業で加工した補強パーツを追加しています。しかし、カーボンパイプやアルミパイプのサイズに微妙な個体差がある為、手で削って微調整しています。そこに一番時間を要しています。

P1060008
(とうとうルーターまで導入しました)

現在製作中の新バージョンの補強パーツは、市販のアルミパイプに丁度良いサイズが無く、ある家具の部品を加工して使っています。その家具パーツもお店で売られている状態では袋に入っていてサイズはわかりませんでしたが。おそらく使えるかもしれない!という目測の賭けで買ってきて、サイズがピッタリだった時はガッツポーズでした(笑)

P1060012_2
(やはり仕上がりはいいですね)

というわけで、長い前振りでしたが、先日4月26日発売のTrail Style 2010(トレイルランナー.jp)からRunning Stick製作等の取材を受けました。(取材を受けた事は書いて良いとお許しいただいています。)

昨日の今日なのでどんな内容になるかは全くわかりませんが、これまで秘密にしていた部分は全部公開しました。見れば「あー、そんなものか」と思うかもしれませんが、こうして実戦で使えるレベルに至るまでの素材集めや試作やテストの結果や先に書いたこと等がそこに現れている…と思ってもらえれたら幸いです。

ちなみに、せっかくのオーダーメードなので使う人の要望にあわせて長さを調整しています。
(今のところは身近な人から依頼があれば製作を受けている段階です。)

mix
上が現在製作途中版です。下は昨年のUTMB(CCC)で使用されたjunさん使用モデル(現在メンテ中)です。
新作は完成まではしばらくモザイクにしておきます(笑)


ん?今は何位だ?!…



この号のトレーニングのページが自分のバイブルになっています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月31日 (木)

2009 ベスト…

間もなく09年も終わります。

最後ながら、09年を振り返ってみたいと思います。


【2009 Best event】

Ultra-Trail du Montblanc (CCC)
IMGP0216
何と言っても、これです。2009年はこれに全てを捧げてきましたから。
トレイルラン2年目の奴が行ってしまっていいのだろうか?
そんな引け目を感じつつ、走れる資格(ポイント)があるなら行ってしまえと、
見切り発車でスタートに立ちました。
しかし、仕事でも何でも、実力が無くたって最前線に立ってしまう。
そうして、もがいていれば出来るようになるし、それが一番近道だと改めて思いました。

モンブランは写真のフレームには収まりきれない素晴らしい景色が堪能できます。
しかし、そんな景色の印象が薄れる程の、人の強さ、熱さ、優しさに心を打たれた、
そんな大会でした。
IMGP0314


●信越五岳トレイルレース
IMGP0611
残念ながら自分は怪我により途中リタイヤとなりましたが、その後の
トモさん、junさんの女子優勝争いの現場に立ち会えた事に熱くなりました。
また、来年参戦予定。今度は「失意の土管」を嬉々としてくぐりたいと思います(笑)
それから8月に3日間かけて走った試走の旅も荷物を背負ってのランは
信越、戸隠の景色の美しさを堪能できたハードでしたが楽しい旅でした。
IMGP0641



谷川岳馬蹄形トレイルラン
shimizu
ファンランで行きましたが、アップダウンの激しく、気候もコロコロと変わる
なかなかタフなファンランでしたが、ここでの走りで自分の欠点、そして製作中だった
自作ストック(running stick)のモロさを発見し、その後改善できました。
このファンランが無かったら、おんたけ100KもCCCも完走できなかったなと
思います。企画してもらったかげマルッ塾長とラン仲間の皆さんに改めて感謝。
R0016232R0016235
(谷川岳の最後のレポートがまだですが、書きますよ)


そして、以下はベストなお買いもの09年。

【2009 Best Buy】

スマートウール/アームウォーマー
smartwool arm wamers
アウトドアよりは日常で活躍する場面が多かったです。
防寒対策以外にも、適度な締め付けで腕のうっ血も抑えられて
トレイルランでも使えたし、クーラーで冷え冷えのオフィスでも
これのおかげでだいぶ救われ、日常でも使えた大活躍アイテムでした。


Bridgedal/X-hale Trailhead

Lg_xhale_trailhead_silver
またまたウールものが続きますが、ウールソックス(混紡)なのにとにかく丈夫。
普段履きでも全く穴が空かない(個人差あり)その耐久性に惚れてしまいました。
こちらも日常も使える、という視点でベスト選出になりました。
ちなみに3足を半年日常で履いてますが、どれも全く穴が空く気配無いです。


Salomon/XA20
CCC_Gears
salomon-custom-system-illustr-500
トレイルランのパックながら、シュラフとタープが入る。オプションのカスタムフロントパックを
つければアドベンチャーレース仕様になるし、なかなかのスペック。
来年はこれで縦走計画を立てようと思っています。
それが今のところの2010年の目標。


Running Stick(CCCバージョン)
IMGP0198
自作なので、Buyではないかもですが、自分で作り、他人に売るというのは初めて
でしたが、仕事とは正反対のフィジカルなものに直接影響を与える物を作るという事の
責任感の重圧は物凄いものがあるなとメーカーの大変さ、苦労を改めて認識しました。
今売られているあらゆる山道具はその値段で売るのは本当に大変で努力していると
思います。


さて、2010年はどんな年になるでしょうか?
みなさんによっても良い年になりますように…

日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

ダイエット結果

Dietgraph

3ヶ月で5kg減を目標にしてきたダイエット企画の結果発表。

●目標:-5.0kg
⇒結果:-3.0kg(なぜかジャストな数字でした)

●体脂肪率
⇒-3.5%

と、体重は一時3.8kgくらいまで減ったが、少し戻って3kg減で停滞してしまった。
北丹沢のゴール後に測れば5kg減いけるかなと思っていたら、
ゴールしたらむしろ増えていた。
というわけで、結果的には負けでした。

4月中旬から5月末にかけて仕事でトレーニングが全くできなかったので
食事制限をおこなって順調に減っていったのだが、
6月になりジョギング再開やトレイルラン再開すると、
食べないと走れないので有る程度カロリーを抑えた普通の食生活をしていたら
減らなくなってしまった。
グラフからちょうど6月くらいから体重が増えているのがわかる。
体重は増えたが、その分、体脂肪率が減ってきたので、
この時期、脂肪と筋肉のクロスフェードが体内でおこっていたのだろう(進行形)。
もう少し続ければ脂肪も少し減ると思うので、まだ続けていきた。

5月はほとんど走れなかったが、カロリー制限と軽い筋トレ。
そして、MUSASHIのHUANを飲んでいた。

パンツのサイズが32インチから31インチくらいにダウンしたのだが、
売ってるパンツのサイズ展開は32インチの次が30インチになるので、
合うパンツを探すのに苦労する。
30インチだと履けなくもないが少しきつく、32インチだとブカブカという状態。
おかげこれまで履いていたパンツが緩くなり、パンツを買わないと
いけなくなってきた。ダイエット後にもお金がかかる。

というわけで、目標達成でスッキリとはいかなかったが、
痩せたご褒美にゴーゴーカレーをガッツり食べようかな。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

周四十山

なかのひと」を導入して集計結果が出ました。

他のblogでの集計(参考)

自転車とアウトドアライフ(遊び) 男女比は半々 なかのひと

Roadmaの遊具大全 ミステリー?な話ブログパーツ【なかのひと】

集計初期は年齢推移しかわからず、40代前後が盛り上がる
年齢推移グラフが出来ていたので、
自分と近い世代の道具マニアな男達ばかりが
見に来るものだと思っていたら…




Around40

…以外な結果でした(汗)

ピンクが女性(76%)、ブルーが男性(24%)。
まさにアラフォー。

いったいこのblogの何を見ているのだろう?
(通りかかった女性はコメントを是非)

しかし、山に行くと"昔40代だった"健脚レディばかりに出会うし、
アラフォー以下の女性とすれ違う事は少ない。
いったい、どこにいるんでしょうか?

このグラフがどれだけの信憑性があるかはわからないが、
最近ではランドネなど女性向けアウトドア雑誌が創刊され、
Figaroやananなど様々な女性ファッション・ライフスタイル誌で
アウトドア特集が組まれている。
この風潮から、山に行ってないが、行こうと思っている女性が
ネットで情報収集しているとも推測できる。

roadmanさんのところで、こんな情報も。

つまり、今、山の得意な男はモテる!?※

※ただしイケメンに限る。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

R.I.P

Mj_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

祝賀会【番外編】

先のエントリーでの鏑木選手の優勝祝賀会で
ランステ発注をしてもらったこの夏のUTMB来年のTAJRに挑む方々が
全員揃っていたので、どうせオーダーメードなら合ったサイズにしようと、
側でコソコソと採寸会。※写真のポールは市販のポールです。
R0016036suu
suuさん、後ろから見られてますよ(笑)


そして、早速カーボンポールが届きました。
R0016083
UTMBやTJARは相当過酷なレースなので、今回は軽さはそこそこだけど剛性重視設計。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

鏑木選手エンデュランス北京100K優勝祝賀会

お久しぶりです。
ようやくblogを書けるようになりました。

先日、縁があってトレイルランナー鏑木毅選手の
エンデュランス北京100K優勝祝賀会」に参加してきました。

kaburakiR0015979


大会優勝の祝いという主旨ながら、
今年、プロトレイルランナーへ転向した鏑木選手への応援したい気持ちが
集まり、このような会に発展したものと思います。

鏑木選手にはこれまで縛られていたものから解放され、
プロとして思いっきり行けるところまで行って欲しいと思います。

・・・と、言うまでもなく、

すでに北京エンデュランス100Kで優勝するという結果を出し、
国内のトレイルラン講習会で全国を行脚し、今後も海外レースにも参戦し、
その他様々なイベントを今後も企画しているようで、
もはやエンジン全開で爆走中。
この先どんな驚きが待っているのか?
期待してしまいます。

トレイルランナーの集まった会なので、あちこちで勉強になる話しで
盛り上がり、追いかけるのがたいへん。けっこう聞き逃してしまった。
kaburakikaburaki
(右)ネ申と対面する四国のトレラン親善大使ごうやすさん


サプライズなプレゼントもあったり…
kaburaki
ハリマネさんから、大量のチビちゃん人形(!)
ありがとうございます!

R0016030R0016035
鏑木選手から女性陣にバラの花。バラにしたのは、「強いから」だそうです。
確かに強い女性トレイルランナーの面々。

R0016015
そしてみんなから鏑木選手へ花束贈呈。
プレゼンターはこの方しかいないでしょう。


…と、3時間があっという間に過ぎ、お開きとなってしまった。
kaburaki

しかし、抜け目なくサインだけはいただきました。
kaburakimartin wing
気合入魂の男パック、ここに完成。このパックにサインをもらった理由はこちら

unleashed…

[09] Trail Run, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

ダイエットは明日から

最近、食べても太らいないなー、体質改善したのか?と調子こいて食べまくってたら、
青梅高水の大会前にいきなりズガーンと3kg増。
プリンシェイクとか食っているからだよ。

ここしばらくの体重が日々のトレーニングによって保たれていたのが良くわかった。
最近はトレーニングもままならないので、このまま行くとさらに体脂肪が増えるのは
わかりきっているので、ちょうど健康診断人間ドックが3ヶ月後の7月7日ということもあり、
7月7日までに5kg減を目標にダイエット開始。

そんな思いで帰りに本屋に寄ったら、タイムリーにも
3か月計画 夏までに体脂肪を減らす!特集(笑)

今回は食事制限はほどほどに、バランスボールと筋トレをメインに
ダイエットする作戦。それもあって目標値が低いのだけれど。
仕事中どうしてもイライラして甘いものに手を出してしまうのでそれは制限。

3ヶ月後に目標達成できてなかったら笑ってやってください。
←横にグラフを置いてるので経過は随時わかります。

お前、毎年この時期Tarzan買ってるよな(ふかわりょう風)…




日記・コラム・つぶやき | | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧