« 信越五岳トレイルランニングレース2012 (後編) | トップページ | OSJ八ヶ岳スーパートレイル100マイルレース【準備編】 »

2012年9月30日 (日)

ランニング障害改善BOOK

Untitled

トレイルランは経験を積めば身体へのトラブルは徐々に減っていくが、その域に到達するまでは、ある程度のダメージ(膝痛、腿痛、腰痛、ふくらはぎ痛…etc)を受け、それの克服を何度も繰り返しながら時間を費やして改善いくものと思われる(中には最初からノートラブルの人もいるが)。自分も最近はだいぶ障害やダメージを受ける事は減って来たが、2年位前までは1度トレイルにいくとどこか痛くなって帰って来るという状態で、整体やマッサージ、医療費、湿布や健康シューズに至るまで身体のケアにかける出費がランニングギアにかけるお金を大きく上回っている時期があった。

以前、トレイルランで膝を痛めてスポーツ障害専門科のある大きな病院に駆け込んだ事があるが、何時間も待ってようやく診察を受け、レントゲンを撮った結果、

医師 「膝が炎症をおこしていますね。湿布とお薬出しておきましょう。」

で終了。

そりゃ、炎症を起こしてるのは百も承知だけど、自分が知りたいのは・・・

「何で痛くなるのか?」

なのだが、お医者さんの診断はそこまでだった。

お医者さんは今、まさに体に起こっている障害や痛みを治してくれるプロではあるが、

「なぜ、それが起こったか?」

は無限の可能性が推測されるので、入院でもしない限り原因は究明してくれないだろう。

結局、その原因は骨の歪みなのか?ランニングフォームなのか?偏平足なのか?それとも内臓なのか?はたまたメンタルなのか?あらゆる可能性を自分で一つ一つ探していくしか無かった。

そして、今月発売されたこの「ランニング障害改善BOOK」は、まさにその痛みがどこから来るのか?を図とわかりやすい文章で解説。例えば、●●が痛いなら、△△の筋肉が張っていて、XXの筋肉が緩んでいるから。など、体の遠い位置からその痛みの個所に向かっていきながら、一つ一つその痛みの原因の可能性を図を交えて教えてくれる。

まさに、

「ランニング障害の逆引き辞典」

と言ってもいいだろう。

例えそれが仮説だったとしても、こういうのが知りたかった!

そしてこの本には、その痛みの原因を教えてくれるだけでは終わらず、どうやったらその痛みを解消できるか?ストレッチ方法やマッサージ方法が書かれている。そういった解説はこれまでの本でもあったが、この本はさらにその先があり、監修者の提唱する「KCCランニング理論」で、その痛みをランニングをしながら解消していくトレーニング方法が書かれているのが他の書籍と違う点だ。

例えば走れない程では無いが軽いダメージがある、しかし休んでばかりもいられない・・・という時に「KCCランニング」を普段のトレーニングに取り入れれば、走りながら痛みを解消していくことができる。

これはあくまで自分の例だが、先日の信越五岳トレイルラン二ングレース2012で、スタートして5kmくらいの序盤にいつも痛みの出やすい個所がチクチク、ピリピリと痛み出したのだが、この著書のKCCランニングを思い出し、それを意識して走っていたらいつの間にか痛みが消えていた。これは誰にも当てはまるわけではないし、その時たまたまだったのかもしれないが、普段のトレーニングや大会本番でも使える1つのテクニックとして憶えておいて損は無いだろう。

今何らかのランニング障害を抱えていて、どうすれば痛みの原因を改善できるか?を探している人にとって、この本は改善へのヒントの発見、そして原因究明への時間短縮に繋がるだろう。

|

« 信越五岳トレイルランニングレース2012 (後編) | トップページ | OSJ八ヶ岳スーパートレイル100マイルレース【準備編】 »

コメント

今さらのコメントですみません。
日曜日以外で、こちらにいらした際は、MRHCのみんなが通う、とい先生を訪れてみてください。
ランニングフォーム見ていないのに、よいトコも、癖やらよくないトコもわかってくれます。
痛さを軽減するだけでなく、なぜ痛くなったのかをきちんと教えてくださいますよ。

投稿: patontan | 2012年11月 9日 (金) 08時39分

>patontan さん
こんにちは。良いトレーナーや医院の先生を見つけるのもトレイルランには必要ですよね。ランだけではなく日々の生活にも役立ちますしね!

投稿: ランブラー | 2012年11月27日 (火) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144334/55777677

この記事へのトラックバック一覧です: ランニング障害改善BOOK:

« 信越五岳トレイルランニングレース2012 (後編) | トップページ | OSJ八ヶ岳スーパートレイル100マイルレース【準備編】 »