« ウルトラライトハイキング | トップページ | PEAKS (ピークス) 2011年 05月号 »

2011年2月20日 (日)

dyogって知ってる?

遅くなりましたが、2010年のMy Best Gear(?)はこのdyogです。

Dyog00

ギアではなくwebサイトです。ダイオグ、ディオグ?呼び方は人それぞれですが、ドウグという日本語を外国人が言う発音っぽいダイオグがいいなと、自分では思っています。

簡単に説明すると、自分用の道具リストを作ってくれる便利な機能があり、同じ道具を持っている人がいたら、その写真や情報をそのまま自分のリストに加える事ができるという便利な機能もあります。いわば、アウトドア道具好きのSNSサイトで、もちろん無料です。

dyogで一番便利な使い方は自分の道具リストを作れる機能です。
山行に合わせて道具リストを作れるので、準備する時間が無い時にあらかじめ登録しておくと悩まず、忘れ物も防げて便利です。そして、他の人のギアリストも見られるので参考にもなりますし、こんなギアがあるんだという発見もあります。一緒に山に行く仲間とリストを見合えば、同じ道具を持って行かずに済むなんて使い方もできます。

登録にあたって、日本語解説が無いので抵抗がある人がいるかと思いますが、
その意味としては、サイトのオーナーが世界の人に使って欲しいという意図があるからだと思います。
まだ外国人登録者は少ないですが、今後増えてくると国際的な交流が生まれる面白いサイトになると思います。

というわけで、簡単に以下に使い方を解説します。


①登録する
まずはtwitterのアカウントを取得する(持っている人はそのまま利用可能)
twitterアカウントを取得後に、TOP画面右上にsignin by twitterをクリックするとtwitter接続画面になるので、許可するを選択。


②自分の持っている道具を登録する。
まずは何でもいいので1つ自分の持っている道具を登録してみましょう。HOME画面にNew Gearという記入枠があるので、そこに登録したい道具の名前を記入して"dyog it!"をクリックすると以下の画面が出ます。

Dyog

カテゴリー、ブランド名、重さをそれぞれ記入します。重さはわからなければ書かなくてOKです。特にカテゴリーのネーミングのルールはありませんが、後々整理しやすい名前のつけ方が良いと思います。他の人のリストを見て参考にしましょう。ブランド名は誰かが登録していたら頭文字だけ入力すると候補のブランド名が出るのでそれを選べば楽です。記入が終わったら再び"dyog it!"をクリックすると登録完了。これだけです。 Dyog02

登録後に上記の画面になるので、左の+アイコンをクリックすると画像を登録できます。画像が無ければ後で追加できます。


③誰かが登録している道具を共有する。
Dyog03
誰かの道具リストに自分が持っている同じものが既に登録されていたら?
その誰かの道具をドラッグすると、Copy This Gear表示が出るのでそれをクリック。そうすると、その道具が自分の道具一覧に追加されます。重さを計ったり、道具名やブランド名をいちいち記入しなくても自分の道具リストに追加できて便利です。山道具はそう多くの種類があるわけではないので似通って当たり前。どんどんパクってしまいましょう。


④道具リストを作る。
一番の便利機能の道具リスト作成です。HOME画面右にあるNew Listをクリックすると以下の画面になります。
Dyog04

リスト名を作成し、②や③で登録したギアがずらっと下に並んでいるので、そのチェックボックスをクリックすると道具リストに追加されます。重さを入れておくと、トータルの重さが自動的に表示されます。

(追記) リストはアイコン下のPrintをクリックするとプリント可能。CSV(exel)をクリックするとエクセルデータで出力できます。


山に持っていく道具(ハードウェア)でなはいけれど、山に行く準備段階で活躍するという意味では便利な道具と同じ存在であると思います。そういう意味でMy Best Gear 2010なのです。

興味をもった人はまずは、dyogを訪れてみてはいかがでしょうか?

|

« ウルトラライトハイキング | トップページ | PEAKS (ピークス) 2011年 05月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144334/50911519

この記事へのトラックバック一覧です: dyogって知ってる?:

« ウルトラライトハイキング | トップページ | PEAKS (ピークス) 2011年 05月号 »