« 失意の土管…信越五岳トレイルランニングレース2009 | トップページ | UTMBで見かけたギアたち② »

2009年9月23日 (水)

女子優勝争いのドラマ…信越五岳トレイルランニングレース2009

第一関門でリタイヤ後に仲間の応援に駆けつけると、女子優勝争い中の2名が
トモさん、junさんであるとわかり、リタイヤの悔しさはどこかに飛んで行く程の
興奮を味わう。

トモさんはこの夏、信越五岳を試走に行った仲間であり、
junさんはCCCを共に走った仲間であり、
両者の共通点としては、OSJおんたけ100Kで昨年と今年の女子4位同士。
この2名がまさか優勝争いをしているとは…。

6A(80km地点)ではjunさんが女子トップで到着。その後、2位の女子が入ってきて、
トップとの差7分でトモさんが3位で到着。
IMGP0631
(6Aを元気に出発したjunさん)

次のエイドでもトップでjunさんが7A(90km地点)に入って来たが、トモさんが2位となり1分差まで詰めてきた。
IMGP0638
IMGP0640
(夕闇迫る7Aにて:手前junさん、ライトを装着中。奥に小さく見える赤い選手がトモさん)

ついに並んだ!
IMGP0641
IMGP0643
その2人が数分差の攻防を生で見ていて、もうこの時点で早くも感動で泣きそうに。
しかし、2人は順位を気にする余裕は無く、自分との戦いで精一杯。
7Aではさわやかにお互い挨拶を交わしていた。

トモさんのチェストストラップには既にライトが装着済み。
試走経験による戦略が既にとられていて、7Aでさらに差が縮まった感あり。

2人の走力は良く知っていて、登りはjunさんが速く、下りはトモさんが速いだろうと予想。
最後の飯綱山はどちらに有利に働くのだろう?
7Aの時点ではどちらにもチャンスがある状態だった。

どちらにも勝って欲しい…という気持ちで見送り、2人は飯綱山へ消えて行った。
100kmのゴールまで残り10km。


IMGP0645
IMGP0646
はたして、FINISHゲートはどちらが先にくぐるのか?!
信越五岳トレイルランニングレース、初代女王は誰になるのか?…結果は公式発表にて。


選手ひとりひとり、それぞれのドラマがある…

|

« 失意の土管…信越五岳トレイルランニングレース2009 | トップページ | UTMBで見かけたギアたち② »

コメント

レールお疲れ様でした。
DNFは残念でしたがベストな判断だと思います。
今回はお会い出来てよかったです。

レース中junさんともお話しました。
とても明るくてエネルギーを分けてもらい、感謝しております。
自分はとても付いていく力はありません、それぐらいのパワーでした。

投稿: さんぽ | 2009年9月23日 (水) 21時04分

>さんぽさん
レースおつかれさまでした。ようやくお会いできました。
そして、さんぽさんの強さと速さをしかと拝見しました。
junさんはカメラを向けると、手を振ってくれるのですが、
こちらは「そんなことより早く先へ!」と焦る気持でした(笑)
速いのにこの元気と優しさ。見習いたいです。

投稿: 夜明けのランブラー | 2009年9月24日 (木) 01時06分

熱いくて、さわやかなドラマですね~。
トモちゃんの膝がカラフル過ぎる(笑)

投稿: もりもり | 2009年9月24日 (木) 11時12分

ゴール後に知人から女子1位と2位がトモさん、junさんとお聞きした時は本当に嬉しかったです。
写真を見るとjunさんは相変わらず元気いっぱい、笑顔いっぱいですね!
1週間前ハセツネコース全周したとは思えない元気さですわ…
恐ろしい^^;

>さんぽさん
さんぽさんもぶっちぎられましたかw
今度一緒にファンランしに行きましょう♪

投稿: あんきも | 2009年9月24日 (木) 13時14分

>もりもりさん
ニューハレ専属ランナー決定ですな。

>あんさん
この接戦が無かったら、落ち込みまくりだったでしょうが、
junさんから元気をもらい、リタイヤを救われました。
飯綱山ではドラマがあったようで、両者の視点で
聞けるのはめったにないです。

投稿: ランブラー | 2009年9月24日 (木) 23時51分

ランブラーさん、ありがとうございました!!
必勝3段ロケット法のお陰で、いつもなら絶対バテる区間を魂の走り(?)ができ、しかもあり得ないよい結果となり、とっても嬉しいです☆もちろん、最後の飯綱山は抜け殻でした(笑)!
トモさんたちには、序盤から勝手について行かせていただき、とてもいいペースでずっと引っ張っていただきました。この場をお借りして、ありがとうございました!!すごく楽しかったです♪

投稿: jun | 2009年9月25日 (金) 08時45分

>junさん
まずは、おめでとうございます!
地元新聞にも載っていたそうですよ。
その3段ロケット作戦はこの夏トモさんと試走して思いついたもので、
それを伝えたjunさんとトモさんが接戦になっているとは、
自分の中の葛藤はそりゃぁもう、もの凄かったわけです。
しかし、その作戦を実行できたのはjunさんだからこそです。
自分は1段ロケット発射もままならなかったですから(苦笑)
最後の飯綱山中でのドラマは興味津々です。
こんどコッソリきかせてください。

投稿: ランブラー | 2009年9月26日 (土) 00時14分

おんたけウルトラと今回の大会でちょっとだけ顔を合わせたしらちゃんと申します。

リタイアは残念でした。CCC完走者でもこういうことがあるのかとびっくりしました。女性トップの様子がわかり、この日記は非常に興味深かったです。トップの人だと7Aではまだライトは必要ないんですね。私が見た7Aとはまったく別の光景です。

投稿: しらちゃん | 2009年9月26日 (土) 23時17分

>しらちゃん
完走おめでとうございます。
今回は歩いてゴールできるレベルの怪我ではなかったので、
仕方ないです。
上位の選手はみんな速い!という感じは無くて、淡々と
走ってます。その淡々さをキープできるかどうかでしょうね。
明るい内に鏡池に到着できると、綺麗な戸隠山を堪能できます。
ギリギリ明るさが残っているうちに到達できるのが来年の目標です。

投稿: ランブラー | 2009年9月27日 (日) 23時47分

ランブラーさん、お疲れ様でした。
6Aからの応援はとても力になりました。
ありがとうございます。足お大事にしてくださいね。

Junさん、ありがとうございました。
Junさんはじめ、途中ですれ違った女子選手のみなさんが
いなければ、気持ちが続かなかったと思います。
今度はレースじゃなくて普通にトレランしに行きたいですね。
(すぐハセツネですが。。。)

投稿: トモ | 2009年9月28日 (月) 11時57分

お疲れ様でした~☆
DNFなんて気にしない気にしない!!(笑)。
来年は信越出たいと思ってます。。。
でも三段ロケット・・・  マジスゲーですねーー☆
すぐさま応援に回るところがランブラーさんの優しさだと実感致しました。。。

投稿: 突貫野郎 | 2009年9月28日 (月) 17時12分

>トモさん
トモさんにその名前で呼ばれるのはコソバイですが(笑)
優勝おめでとうございます!
第一回の優勝はずっと語り継がれるので、
その様子をこうして追えたのも幸運でした。
今年の夏の五岳試走は楽しい思い出でした。
今思えば、あれがあってのCCC完走だったなと。
いろいろ感謝したいことがいっぱいです。
祝賀会は派手にいきたいですね。
junさんらとも是非ファンラン行きましょう。

投稿: 夜明けのランブラー | 2009年9月29日 (火) 13時03分

>突貫さん
やっちゃいました、あはは…
今年は応援されているばっかりなので、
来年はどこかで返したいなぁと思ってます。
良い大会なのでおススメです。

投稿: 夜明けのランブラー | 2009年9月29日 (火) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144334/46288873

この記事へのトラックバック一覧です: 女子優勝争いのドラマ…信越五岳トレイルランニングレース2009:

« 失意の土管…信越五岳トレイルランニングレース2009 | トップページ | UTMBで見かけたギアたち② »