« OSJおんたけウルトラトレイル100km 装備レポート | トップページ | UTMB CCC Reguration&装備編(1) »

2009年8月18日 (火)

信越五岳100km試走の旅

来月9月に開催される信越五岳トレイルランニングレースのコース(100km)を
3日間かけて試走してきました。

1日目:約45km スタート(ハイジ)~斑尾山~妙高
2日目:約38km 妙高~黒姫~笹ヶ峰~戸隠キャンプ場
3日目:約17km 戸隠キャンプ場~飯綱山~ゴール

当初は景色を楽しみながらファンランで完走できればいい
という気持ちがあったが、
試走を終えてからは、完走(歩)目標に変わった。
マジで挑まないと完走(歩)すら怪しい。

今回試走の旅に参加した4名は全員おんたけ100k完走者だが、

「おんたけ100kより厳しい」

というのが試走を終えてからの全員の共通見解。

厳しいという言葉で誤解をしてほしく無いのは、足場が悪かったり、険しい道がある、
という意味ではなく、景色もきれいで一見走れるポイントが多いように思えるが、
バリエーション豊富なコースなので、気がつかないうちに体力が削られている、
というコース全体を通しての厳しさという意味だ。

景色がきれいで、気持ち的には跳ねるように前に行っているのに、
体が鉛のように重く、気持についていけない空回りしている感覚を
何度も味わった。

おそらく日本で最もハードなウルトラトレイルレースになることは間違いないが、
そこに、「アシスタントポイント設置」と「ペーサー制導入」の意味が
浮かび上がってくる。

このシステムを実力に合わせて上手く活用することで、
上位クラスは自己ベストを、中下位クラスは完走への道が開けてくるだろう。

こういったシステムをいかに使うか?戦略性があり、
こういう所を走ってみたかった!と思える景色の素晴らしさがあり、
これまでのトレイルレースとは違った面白い大会になることは間違いなく、
厳しいコースだけに、完走した時の感動は計り知れないものになるだろう。


(メモ)
コース上は短い雑草が多く生えているので、朝露でシューズが一瞬で
グチャグチャに濡れる。換えソックスを持って行くと幸せになれる。

湿地帯はアブや虫が多い。大会の時は虫も少ないだろうが試走時は虫に注意。

笹ヶ峰キャンプ場にはソフトクリームが無いので、手前の笹ヶ峰グリーンハウスで
食べておけば良かった。

戸隠 小鳥の森のピザが美味い。
オーナーは今大会実行委員なので、試走時に立ち寄ると興味深い話が聞ける。

※追記
試走は地図があってもGPSが無いと迷う。

取り急ぎ、ダイジェストレポートですが…

|

« OSJおんたけウルトラトレイル100km 装備レポート | トップページ | UTMB CCC Reguration&装備編(1) »

コメント

レポを読ませていただき、厳しさがヒシヒシと伝わってきました。
万全の体調で望まないとなりませんね。

投稿: sasashin | 2009年8月18日 (火) 12時43分

お疲れ様でした!
ソフトクリーム情報は、試走には重要ですね(笑)

投稿: トモ | 2009年8月18日 (火) 12時51分

なるほど。全体の雰囲気がよくわかりました。

おんたけ100k完走者の方からみても厳しいというは、相当なんでしょうね。これはちゃんと戦略練らないと完走は危いですね。

投稿: NEGO | 2009年8月18日 (火) 14時52分

>sasashinさん
こんにちは。脅かしではなくマジでキツイです。
ハ●ツネがかわいらしく感じましたよ。
アシストポイントとペーサーを積極的に活用することと、
アシストとの作戦会議もしっかり練ってください。

>トモさん
おつかれさまでした。
そういえばトモさんとトレイルランで同行するのは
初めてだったんですよね。勉強になりました。
グリーンハウスのソフトは当日も利用したいですね(笑)

>NEGOさん
こんにちは。
とにかく、関門やゴールの遠いこと遠いこと…。
体力だけではなく、気持ちも折れやすいので、
サポーターもメンタル面でのケア
(厳しく送り出すか、甘やかしてリタイヤしやすくするか?)
まで試されるチーム戦になるでしょう。
心を鬼にして、ビシッと厳しくすべきでしょうね。
そういったチームワークも試される、とても面白い
大会になると思います。

投稿: 夜明けのランブラー | 2009年8月18日 (火) 15時28分

いやー、信越五岳の厳しさが伝わってきました。
記事拝見して良かったです。背筋がピン!っとなりました。
私も頑張って完走(歩)目指します。

投稿: 春山 | 2009年8月19日 (水) 22時43分

>春山さん
こんにちは。
斑尾周辺は走りやすいのですが、問題はその後です。
じっくり、焦らず、折れずに、粘りに粘って行けば攻略できます。
厳しい大会ほど感動も大きいですから、
今から最後の追い込み、がんばりましょう。

投稿: 夜明けのランブラー | 2009年8月19日 (水) 23時26分

試走の感想ありがとうございます!
ハセツネと違って基本的には歩きを入れるよりマイペースで完走を目指したほうが結果的にはよいらしいようですよ。全コース走れる設定ゆえの厳しさですね。

僕の最大の悩みは行動食です。ひたすら試すのみ。
 パワーバー挑戦してみるか…  

投稿: Agi | 2009年8月20日 (木) 01時16分

>Agiさん
こんにちは。
楽な100kは無いですね。全員が楽に走っちゃったらそれはそれで
つまらないですからね。三日かけてパワーは充分あったはずなのに
なんであんなに辛かったのか?まだ分析出来てないです。
エイドのフードには期待してます(笑)

投稿: 夜明けのランブラー | 2009年8月20日 (木) 10時37分

単なるペーサーとしての参加ですが、
最後に飯綱山を9合目まで登り降りさせられるコースに
戦々恐々としております。

日記、参考になりました。ありがとうございます。

投稿: おにぐん | 2009年9月 4日 (金) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144334/45960201

この記事へのトラックバック一覧です: 信越五岳100km試走の旅:

« OSJおんたけウルトラトレイル100km 装備レポート | トップページ | UTMB CCC Reguration&装備編(1) »