« これ、大豆ですから… | トップページ | ダイエットは明日から »

2009年4月 7日 (火)

第11回 lafuma青梅高水山トレイルラン

青梅高水トレイルレース

昨年に続き、今年もlafuma青梅高水山トレイルランに参加。

今回で2年目の参戦。
昨年はトレイルランというか、走る大会そのものも初参加ということもあり、
完走が目標であったが、今年は2回目ということで参加の意味が違ってくる。
昨年よりは上回らなければ、と誰もがそう思うだろう。

しかし、まったく初ラン大会参加が35kmのトレイルラン、しかもキツイ青梅高水
だったというのが、今思うと無謀だったな、とゾッとする。
知らないというのはある意味素晴らしい?!

受付を済ませ、激安の物販ブースに寄るも、
理性は保たれていたが…発見してしまった。

ハンドメイドのトレイルランパックで有名なinox
買おうと思っても買えない一期一会の代物。
限定5個ということでそのままレジへ。
inox!!!!

物販ブースを後に、山仲間と合流。大会前に前夜祭を企画していて、
相変わらず(二日酔いを感じさせないくらい)テンション高い(笑)

10時近くになり、スタートラインへ移動。
いろいろなレースで良く顔を合わせる人たちがチラホラ。

先ほど買ったばかりのinox/Isabelle(イザベル)を背負いスタートラインに立っていると、
偶然にもパックの製作者ご本人がすぐ隣にいて、いろいろ貴重な話を伺えた。

現在、数名にカーボンポールの制作依頼を受けている中で、
改めてこのパックの完成度の高さを見習わなければ、
と、ジャンルは違うが再来週のハセツネ30K※に向けて
プロトタイプ製作のモチベーションがアップ!
(※ハセツネ30Kでは和田峠からトレッキングポール使用可能)

さて、10時になりスタート。

…話はスタート約30分前に遡る。
会場に来る前の電車の中吊りにあった、ある甘ったるい
デザート系ドリンクが飲みたくなってしまい、
駅前のコンビニで買っていた。
すぐに飲む予定だったが、準備をしていて存在を忘れていて、
さて、スタートラインに向かうぞ、という時にソレが目に入ってしまい、
つい反射的に一気飲みしてしまった。

それが原因で走り出してすぐに、強烈な●▲気に悩まされる。
スタート直後から「やっちまったなー」感いっぱい。
汗というか冷や汗が出てくる。
前半の走れるコースでも、所々歩きながら進む。

5kmくらいを過ぎても治まらず、腹部が膨張して、
ハートレートモニターのバンドすらきつくなりバンドを外す。
何度かリタイヤという文字が頭に浮かんだが、
御守り※を返すまではがんばろう、というモチベーションのみで神社へ向かう。
(※この大会では折り返し地点が高水山常福院になっていて、そこでお守りがもらえます)

高水山の急登で、息を荒げて登っている同じくinoxパックを背負った選手がいて、
「キツイっすねー」と声を掛けると、
「そのパック見たら元気でた!」と返される。
こういうコミュニケーションが生まれる物作りって素晴らしい。

この急登りが逆に意識が脚に行き、気を紛らわせられたのが幸いし、
14km地点の折り返しの常福院へ到着した。

昨年の御守りを返納して新たな御守りを受け取って、
神社で少し休憩すると、幾分楽になった。

エイドにバナナがあったが、まだ何も口に入れられる状態ではなく、
塩をなめ、エナジージェルを無理やり水で流し込み折り返す。

体調は完全ではないが、「下りは楽しいな~」と空元気で自らテンションを
上げて進む。

栗平のアスファルトの折り返しの坂で歩いていると、
ボランティア参加のかげマルッ塾長が立っているが見え、
走らなければと再び気合を入れ直す。
さらにsuuさんもボランティアで立っており、途中途中に知り合いに
声をかけてもらい、折れそうな時に所々でパワーをもらった。
青梅高水山2009
(photo:suuさん)

残り3kmを切り、ようやく体調が回復。

桜の木が見えてきて、やっと春のトレイルを走っている楽しさを味わえるようになってきた。
今回の気候は暑すぎず、寒すぎず最高のコンディションだったんだなぁ、と
最後になって気がついた。

残り2kmくらいのところで、前方にもりもり君が見えて並走。
しばらく話しながら進んでいると、残り1km地点で応援のsasashinさん登場。

「がんばれば3時間30分切れる!」という声援があり、
時計を見ると3時間25分(くらい)。

速度を上げ、2人で3時間30分ぎりを目指してみる。

そして、もりもり君と並んでゴール!

ゴールタイムは3時間28分。

今年は距離が5km短縮され、30kmとなったので比較が難しいが、
順位では昨年の400位台→200位台(1189人中)へアップ。

前半の自暴自得で招いた不調さに耐えながらも、良く走れたと思う。
では万全な体調ならさらに上位に上がれたか?というと、
脚が攣りそうになること数回。
体調が良くてもこれ以上飛ばすことも出来なかっただろう。
みんなそれぞれ不調や故障、花粉症、二日酔い(笑)などを
かかえて走っているわけで、条件は一緒だ。

教訓、「スタート前に慣れないものは口に入れない事。」

まだまだ初心者である。

今回ひとつ試したのが、これまでトレイルランでは必ず着用していた
CW-Xをつけず短パンで参加したこと。
ふくらはぎは2XU の Calf Guardと、膝にはニューハレVテープを
貼っていたので全くガードしていないわけではないが、
これまで頼ってきた甲冑を外すような思いだった。
結果、膝の痛みも無く無事完走することができた。
2XU

ゴール後、ゆぅさんと四国から来たごうやすさんに会い、

「(blogを見て)最近走ってないだろ?」

と突っ込みが入る。

ええ、全くその通りでございます(汗)…




(連絡)
ゴールゲート手前10mくらいでポラールのハートレートバンドを
拾い、事務局に届けました。
落としたと思える方は事務局に問い合わせてください。

|

« これ、大豆ですから… | トップページ | ダイエットは明日から »

コメント

完走おめでとーございます!
後半どこかで追いつきたいと思ってましたが、まったく無理でした。
応援、本当に嬉しかったですね~。
なんともいいタイミングで皆さんに応援いただけて、ゴール目の前にして思い出したら涙がでちゃいましたよ~。
次はハセツネ30、頑張ってください!

投稿: あんきも | 2009年4月 7日 (火) 17時27分

揃ってゴール。もう一人のメンバーはスタートラインから見えませんでしたね(笑)

しかし、がめらさん滅茶苦茶速くなってますよ。
もう追いつけないっす。。。

投稿: もりもり | 2009年4月 7日 (火) 22時07分

僕も4年前のこの大会が初トレイルレースだったのですよ。そういう意味でも、大好きな大会です。ランブラーさん、まだまだタイムは伸びそうですね~。今年の秋が、楽しみですね!

投稿: マカニ・トモ | 2009年4月 7日 (火) 22時52分

高水山お疲れ様でした。
あおちゃんさんと一緒に楽しくやられていたかと思いきや、
終盤はしっかりレースモードだったんですね!
ランブラーさん・あんさんは長距離で実力発揮しそうな感じ。。
二人の笑っている姿が目に浮かぶよぅです。
この調子で今年、アゲアゲで行かれて下さい!

投稿: suu | 2009年4月 8日 (水) 09時13分

>あんさん
おつかれさまでした。
もう少し距離があったら抜かれてましたね。
危なかった(笑)
今度の奥久慈も天気良さそうですね。
燃え楽しんできてください。

>もりもりさん
おつかれさまでした。
2月ですが鎌倉アルプスもありましたし、1回何かの大会で
走ってるかいないかで体の調子は違うようですよ。
次回の大会から本来の実力が出るのではないでしょうか?
もう1人は高尾を走っていたようですが、今年の秋は
チーム戦で悲願(?)の順位をもらいたいですね~

>マカニさん
おつかれさまでした。
この大会、コースはキツイですが雰囲気はいいですね。
最初の大会がコレだとトレラン大会っていいなと思うでしょうね。
自分もその1人です。今年は大会は多くは参加できないですが、
その分1大会1大会しっかり楽しみたいです。

>suuさん
スタッフおつかれさまでした。
あそこは景色が良くていいですね。
そしてトップランナーの走りを充分研究できたのでは
ないでしょうか?
ハセツネ30KではあんさんはいないですがJさんが満を持して
参戦するので安心できないですね(笑)

投稿: 夜明けのランブラー | 2009年4月 8日 (水) 10時11分

参加されていたのに気がつきませんでごめんなさい(汗!

inoxを入手されたのはラッキーでしたね、今後はザックの世界にも進出?されてみてはどうでしょか・・。
2リットルのハイドレと、5個のフラスクを装着できるよいブツを今年のアレのために探しています・・。是非、おねがいします(笑

トップの写真、原始人さん(左)と、そげんさん(右)ですね。

投稿: 峰 | 2009年4月 9日 (木) 06時19分

>峰さん
こんにちは。
どこかにいるとは思っていましたが、
具合悪さで視界が狭くなってて、発見でき無かったようです。
自作モノはパックとアルコールストーブには
手を出さないと決めてます(笑)
今回、ナルゲンのハイドレーション(Encapsul 2.0L)
を使いました。入れたのは1.2Lくらいでした。
アレの場合は、トップ選手ほど、
いかに水の入れ替えがスムースにできるか?
がポイントと思いますので、そういう意味では
それに適ったものだと思います。
マグネットクリップで胸に留められる。
のも良かったですよ。
これは後日blogに書きたいと思います。

投稿: 夜明けのランブラー | 2009年4月 9日 (木) 11時22分

お疲れ様でした。
今回で2度目の参加なんですけど、楽しい分だけ、同じぐらいキツいレースなんですよね、
これって。毎年、足のケイレンには悩まされるし・・・。

では30kでお会いしましょう。

投稿: kurisuke | 2009年4月10日 (金) 00時11分

>kuriuskeさん
こんにちは。
高水はハセツネより痙攣になりやすい気がします。
シーズン最初で体が慣れてないからですかね。
では来週。

投稿: 夜明けのランブラー | 2009年4月11日 (土) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144334/44589920

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回 lafuma青梅高水山トレイルラン:

« これ、大豆ですから… | トップページ | ダイエットは明日から »