« なべくら高原へ(3) | トップページ | 伊豆縦走トレイルラン(装備編) »

2009年2月11日 (水)

伊豆縦走トレイルラン

伊豆は沼津に来ました。
izu_trail_run
今回はかげマルッさん,kurisukeさん,ゆぅさんのTres"3" Amigos企画の
木負~金冠山~達磨山~天城峠をつなぐ約35kmの伊豆縦走トレイルランに参加。
他、suuさん、Junさん、あんさんも参加で計7名。

沼津駅でTres Amigosを待つ。
Iz

バスで木負まで移動。木負の港からスタート。
izu_trail_run
海が透明で綺麗~と言っているところ。

伊豆らしく、周囲はみかん畑。
izu_trail_run

周囲を山に囲まれているせいか、風も穏やかで2月とは思えない暖かさ。
izu_trail_run

金冠山ハイキングコースという立派な看板があるが…
izu_trail_run

道標を確認し、山に入ると…
本当に道だろうか?と思うほど荒れており、ふみ跡が薄いトレイルを半信半疑で進む。
izu_trail_run
一人なら確実に引き返していたと思う。

izu_trail_run
藪こぎとまではいかないが、倒木ををまたいだり、くぐったりと、
真面目を装って上っていたが、内心楽しんでたのを後方にいたゆぅさんに
すっかりバレていたらしい(笑)

そんな余裕があったのは前半まで…

走れる広いトレイルに出て、ようやくトレイルラン開始。
後方からハセツネ9時間台のかげマルッ塾長の走りを研究していたが、
足の着地が真直ぐで、着地がソフトで足音が静か。
無理せずイーブンペースで走っていて、動きに無駄が無い理想的な走り。
izu_trail_run
わかっているけどコレがなかなか出来ない。

金冠山を過ぎて、整備されたトレイルへ出る。
izu_trail_run
みんなそれぞれ歓喜の声を上げ、駆け出す!

達磨山を過ぎた頃からが「かげマルッ塾」の真骨頂?!
予定時間より押していたこともあり、途中休憩できそうな東屋があってもスルー(笑)
先へ急ぐ。
izu_trail_run
ここは日本か?と思わせる雄大なトレイル。この稜線が天城峠まで続く。

この日は体の調子は悪くなかったが、繰り返しやってくる長い木段と、
2ヶ月ぶりのトレイルランということもあり、
自信があったハズの大臀筋とハムストリング(腿裏筋肉)が早々に終わり、
あとは、前腿筋肉を使うしかなく、そこもあっけなく終了し走行距離20km過ぎた頃に
自分の脚が終了。

izu_trail_run
せっかくのこんな極上トレイルを気力のみの拷問状態で進む。
(※道や塾長のペースが厳しいわけでななく、あくまで自分の練習不足が原因です)

へばったメンバーの状態と時間と距離の判断から、赤城峠まで行かず、
仁科峠からロードを走って下山。
izu_trail_run
景色はどこを見ても美しい。今度は余裕の走りで見たいもの。

今年は暖冬ということもあり、日中は春か?と思うほど暖かったが、
15時くらいになると陽が落ちて無くても風が冷たくなり、一気に冷えた。
帰りは修繕寺周辺の温泉に入り終了。

きつかったけど最初から最後まで始終楽しい企画でした。
企画のゆぅさん、そしてみなさんありがとうございました!

海、山、温泉、伊豆は最高!…

|

« なべくら高原へ(3) | トップページ | 伊豆縦走トレイルラン(装備編) »

コメント

お疲れ様でした。
忙しい中、ブログ更新もお疲れ様でした。
ランブラーさんらしい、かっちょいい仕上がりの記事ですね。
塾長の後ろを走っていたのはさすが! 観察してんですね~
また足を作って伊豆行きましょう♪

投稿: ゆぅ | 2009年2月13日 (金) 14時02分

久々の長時間運動はきつかったでしょ。オイラも骨折約3週後にリハビリを兼ねてゆぅさんと雲取に行った時、軽く走っただけでむちゃむちゃきつかったですもん。
後ろに付かれていた時に呼吸で辛そうだったのは分かってたんですが、時間が押していたこともあり、そのまま引っ張ってしまいました。ゴメンナサイ!Sで(笑)
あの先のトレイルも面白そうなので、また一緒に行きましょう。今度もしごきますよ。

それにしても3枚目のオイラは堤防に向かって粗相をしているように見えるけど、あればタイツの紐を直していただけだからね(苦笑)

投稿: かげマルッ | 2009年2月13日 (金) 16時51分

お疲れ様でした。
なかなか大変そうでしたが、それを補って余りある景色だったんじゃないですかな?
仕事がひと段落付いたらまた行きましょう。
今度はこちらも海の幸を堪能したいですからね。。。

投稿: kurisuke | 2009年2月13日 (金) 21時32分

先日はお疲れ様でした!
激務で練習不足の中、それでも40km走ってしまうランブラーさんは凄いなぁって思う一日でした。
お互いに課題がいっぱいですね。
体力はもちろんな事ですが、私はお腹も鍛えないとです^^;

投稿: あん | 2009年2月13日 (金) 23時58分

>ゆぅさん
こんにちは。
プランニング諸々ありがとうございました。
今回は何から何まですっかりお任せしてしまい、おかげで
楽をさせてもらいました~。
観察していた2名は撃沈でしたね(笑)
みなさんの練習量を知っているだけに、その努力と力の差を
ハッキリ認識しました。春に向けてコツコツやっていきます。

>かげマルッさん
こんにちは。
S練のおかげで、ビシッとスイッチ入りました。
鎌倉アルプスは笑顔でゴールします!
写真は全く気にせずアップしてしまいましたが、
さすがに女性も写っている横で粗相してるとは思わないでしょう(笑)

>kurisukeさん
こんにちは。
みなさんの練習を知っているだけに、力の差を認識しましたし、
練習不足は体だけではなく、気持ちも怠慢になるのだなと、
痛いほどよくわかりました(苦笑)
次は帰りのお店や駅弁屋の営業時間もチェックですね(笑)

>あんさん
こんにちは。いまだにハムストリングが軽く痛いですが、
いい刺激になりました。バス停が天国に見えました(笑)
胃腸は長時間の走りに影響しますからね、
アミノ酸も同時に摂れるエビオス錠などいかがでしょう?
morikatu師匠が飲んでいるようなので、きいてみるといいかも?

投稿: 夜明けのランブラー | 2009年2月15日 (日) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144334/44013149

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆縦走トレイルラン:

« なべくら高原へ(3) | トップページ | 伊豆縦走トレイルラン(装備編) »