« 伊豆縦走トレイルラン(装備編) | トップページ | ハセツネ30K追加募集 »

2009年2月20日 (金)

Martin Wing 09 MODEL

トレイルラン記事が続いてます。

THE NORTH FACE/MARTIN WING

martin wing

昨年、トレイルラン雑誌で間瀬選手の背負うMARTIN WING PRO
プロトタイプ写真を見て、発売されるのを待っていたが、
とうとう発売されたので、早速、PROとノーマルのマーティンウィングを
見比べる事ができて、どっちにするか?相当迷った。

PROの方は、メインコンパートメントの容量がノーマルよりタイトで、
シュライク風のヒップハーネスシステムで水の容量が少なくなっても
リザーバータンクの揺れを抑えられたり、
サイドポケット上蓋に食べ終わったエナジージェルの包み用と思われる
メッシュのゴミポケットがあるなど、
よりコアなギミックが追加され、blog的にはPROの方が書くことが多く、
面白かっただろうが、
自分のレベルでは50km以上の長距離レースをPROで出られるほど
装備と食料を減らせないと判断し、ノーマルを選んだ。
昨年モデルを持っていないので詳しくはわからないが、
カタログで見比べると、今年のモデルは10g程軽量化されているようだ。

実際にリザーバーに水を入れて背負ってみたところ、
シンプルに背負いやすいと思った。
310gと非常に軽く、フレーム感もなくフニャフニャなので、パックというよりは
ベストを着る感覚に近い。

ショルダーハーネスの具合も良く、チェストストラップを締めると、
加重が鎖骨から胸、脇に上手く分散されているのがわかる。
それによって、肩のコブにかかる加重が軽減されので腕が振りやすい。
これまで自分が背負ってきたパックには感じたことが無かった感覚で、
この背負い心地は、今後パック選び時のひとつの指標になりそうだ。

今度の日曜日の鎌倉アルプス・トレイルラン大会で実際に使用予定。
今年1発目の大会。
結局一度も試走できず、ぶっつけ本番になってしまった。


応援click!はこちらへ…



|

« 伊豆縦走トレイルラン(装備編) | トップページ | ハセツネ30K追加募集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144334/44083229

この記事へのトラックバック一覧です: Martin Wing 09 MODEL:

« 伊豆縦走トレイルラン(装備編) | トップページ | ハセツネ30K追加募集 »