« トレイルラン・キャンプ・レポート(1) | トップページ | ナイト・トレイルラン(奥多摩) »

2008年8月 3日 (日)

トレイルラン・キャンプ・レポート(2)装備編

前回に引き続き、トレイルラン・キャンプレポート2回目の今回は装備について。

Granite Gear/WISP
mitousan
トレイルラン・キャンプ用として買った初使用のGranite Gear/WISP。
腰のホールドがしっかりしていて、横揺れが抑えられ、カーブも走りやすい。
横が抑えられると、今度は中の荷物が縦に揺れだすということがわかり、
縦のコンプレッションベルトをしっかり締め直したら、縦揺れも抑えることができた。
走るには不安な所は無く、十分な性能だということがわかった。

行動するには全く問題は無いが、もう少し大きくても良かったのではないか?
と思うのが、腰のポケットの小ささ。
左側に塩とアミノバイタル、クエン酸などのタブレット。
右側に携帯兼デジカメでポケット容量はいっぱい。

その為、補助食のパワージェルはショルダー部分にジェルホルダーをつけ、
ジェルフラスコに入れて使用した。
こうすることで、特に不便無く使用することができた。

Platypus1+OxygenO2のキャップ
mitousan
サブハイドレーションとして真水を入れて使用。
このキャップは飲んだあと空気が逆流しないので、常に真空状態になるから、
パックの中で水が揺れる事を防げる。
この写真も半分くらい飲んだ状態だが空気が入ってないのがわかるだろうか?
OxygenO2は夏場になるとコンビニなどで見かけるので、
発見したら1つキープしてみては?
追記)※新製品はこの特殊なボトルキャップではないものが出ているようなので注意。

Pacific Outdoor Equipment/insul-mat uber micro pad
mitousan
走りに影響しないよう、とにかく軽くするということで98gのこのマットにした。
今回は夏場で地面が草と砂利混じりの土で平坦だったこともあり、
朝まで熟睡できたが、底冷えのある肌寒い季節や、ゴツゴツした岩場での
キャンプではパッドが薄いのでキツいと思われる。

Integral Designs/Sil Poncho
silponcho
ポンチョにもタープにもなる軽量派には大定番のSil Poncho。
発売から時間も経っているので特に詳しく書くことも無いが、
今回初めてタープとして使用したが、広すぎず、狭すぎないサイズが
とても良いと思った。
(後ろはmorikatuさんのヘネシーハンモック)

(ポール)モンベル/ツェルトポールセット
ポールは当初、トレッキングポールを使用しようと思っていたが、
パックの外に装着すると収まりが悪かったのと、トレッキングポールの半分の
軽さだということもありモンベルのツェルトポールセットにした。
本当はFoxtailが良かったのだが、値段が5分の1程安いコレにした。

(バグネット)Equinox/The Mantis
写真の半身サイズの吊り下げ式のバグネット(128g)。
ブヨや蚊の多いキャンプ場だったが、上半身を覆うには十分な大きさがあり、
寝ている時に刺される事は無かった。
silponcho

NITE-IZE /Figure 9 (Small)
silponcho
タープ(Sil Poncho)を留める自在金具として使用。
バテバテでキャンプ地に到着する事を想定して、楽にタープを設営できるように持参。
一般的な2穴の自在金具は1個2g程で、Figure Nine(S)は1個4g程。
Figure Nine(S)は2mm-5mmのロープが使え、写真のように細いロープでも
しっかり留めることができるので細いロープと合わせることで荷物を小さく、軽くできた。
ロープの細さは耐久性的には問題あるかもしれないが、これで耐えられない程の
強風の時はSil Ponchoをかぶって潔く避難。


よろしければblogランキングclick!…

|

« トレイルラン・キャンプ・レポート(1) | トップページ | ナイト・トレイルラン(奥多摩) »

コメント

こんばんわ、creepです。
Equinox/The Mantis良さげですね!

bug netをアレコレ試しておりますが、決定打に至っておりません。

これはsleeping bagに被せるような形になるのでしょうか?

投稿: creep | 2008年8月 4日 (月) 02時42分

>creepさん
こんにちは。
吊り下げて、上半身をかぶせてというシンプルなものです。
裾に5cmほどの巻き込みがあり、シュラフの下に挟むとより隙間が無い
状態にできると思います。
The Mantisは吊り下げ式なので、シェルターに吊れる場所の下に
ちょうど頭が来るなら良いですが、そうじゃない場合は使いにくいと思います。

投稿: 夜明けのランブラー | 2008年8月 4日 (月) 11時01分

夜明けのランブラーさん>

上半身を被せるタイプとの事。
ご教示ありがとうございます!

>シェルターに吊れる場所の下にちょうど頭が来るなら良いですが、

なるほど、確かにそれはそうですねw

サイズはこれと同じくらいで、
ドローコードで上手い事絞り込めたり出来るものがあると良いのかな?と想起いたしました。

投稿: creep | 2008年8月 4日 (月) 11時26分

金曜日はお疲れ様でした。

Foxtailを買おうと思いつつ、なかなか踏み切れずに昨日もモンベル・ツェルトポール・セットとにらめっこしてましたが、このレポートをみて、モンベルに決定です(笑)

金曜日にも見せてもらったオキシゲンセット、作ろうと思いましたが、未だ入手出来ずです。

ウーバーマイクロはまだ芝生の上でしか寝てないですが、確かに岩場では厳しいですよね。

投稿: roadman71 | 2008年8月 4日 (月) 11時27分

>creepさん
大変スイマセン。
折り返しかと思っていたら、床は完全にふさがっていて、
入口からすっぽりかぶるようになっています。
入口もドローコードで絞れます。
そして、あとサイドにジップがあります。
図を描いたのでこちらを参照してください。
http://farm4.static.flickr.com/3032/2731850379_6be35ba995.jpg

投稿: 夜明けのランブラー | 2008年8月 5日 (火) 02時02分

>roadmanさん
こんにちは。
先週はお世話になりました。次回レポートで改めて書きます。
早速モンベル・ツェルトポール・セットを改造して
トレッキングポールの試作をしてみましたが、
耐久性的に問題あり、違う方向で試行錯誤中です。

Oxygen O2は割と見かけるんですけどね。。
今度見つけたら余計目に買っておきます。

投稿: 夜明けのランブラー | 2008年8月 5日 (火) 02時19分

夜明けのランブラーさん>

すごい!本当ご丁寧にすみません!!
感激です。
図を見て納得、ご親切に感動です。

さておき、
net良さそうですね!
吊り方もtarp側に小細工すれば、メーカー問わずなんとかなるやも。
試してみたいな~と思いました。

重ねて恐縮なのですが、もう一点教えて頂けたら幸い。
この時のガイラインは何ミリをご使用になっているのですか?

投稿: creep | 2008年8月 5日 (火) 22時54分


すみません、言葉が足りませんでした。
tarp設営に用いられたガイラインは何ミリですか?が正確ですw

投稿: creep | 2008年8月 6日 (水) 00時01分

>creepさん
こんにちは。
Mantisの構造理解いただけたようで何よりです。
吊場所が無いなりにどうしようか考えるのも
また楽しいですね。

タープ設営のロープはBealの2mmです。
カタログ値では70kgまで耐えるそうですが、
正しい選択かどうかはわかりません。

投稿: 夜明けのランブラー | 2008年8月 6日 (水) 14時38分

>夜明けのランブラーさん
やはりBealの2mmですか。

実は今回2mmを待機させていたのですが、
内心・・・「大丈夫なのだろうか?」と、手に取りは眺め、悩ましい時間を過ごしておりましたww

なんだか安心いたしました!
ご教示ありがとうございます。

投稿: creep | 2008年8月 6日 (水) 17時07分

>creepさん
こんにちは。
弱いなと思ったら2重にしてしまうのもアリかと思います。
使用レポ楽しみにしています。

投稿: 夜明けのランブラー | 2008年8月10日 (日) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144334/42019815

この記事へのトラックバック一覧です: トレイルラン・キャンプ・レポート(2)装備編:

« トレイルラン・キャンプ・レポート(1) | トップページ | ナイト・トレイルラン(奥多摩) »