« トレイルラン・キャンプ・レポート(2)装備編 | トップページ | 自作ULトレッキングポール(試作) »

2008年8月 9日 (土)

ナイト・トレイルラン(奥多摩)

nightrun
今回はナイトランだけに、暗くて写真がほとんどありません。
携帯カメラだと全く映ってないかブレブレ。

さて、
roadma71さんのblogにて奥多摩駅から大岳山を越え、
武蔵五日市へ至るコースの金曜夜からのナイト・トレイルランの告知があり、
便乗してきました。

距離は約25km。ハセツネ71.5kmの約3分の1のコース。


(このマップもroadmanさんより拝借)

金曜深夜の奥多摩に怪しい恰好の男が2名(笑)
駅のトイレ前の蛇口で給水を済ませ、いざ出発!

夜間走行は初めてということで、トレイルランでは大先輩のroadmanさんの
背後からひたすらついていった。

奥多摩駅近くの愛宕神社の長~い階段(200段、傾斜45度以上と思われる)
からスタートとなる。出だしからいきなり厳しい洗礼を受ける。

長過ぎる愛宕神社の階段を越え、しばらく山道を進むと獣臭が漂っていた。

まだバイクや自動車の排気音が聞こえるくらいの街に近い場所であったが、
臭いの強さから、ついさっきまで何かがそこにいたようだ。

まだ序盤も序盤の鋸山山頂への道は果てしなく続く。

それもそのはず、奥多摩駅(343m)から鋸山(1047m)までずっと上りなのだ。
しかも傾斜もキツい。
自分はヒーヒーと声を上げながら上がっていたが、roadmanさんは黙々と上る。
もし1人なら確実に途中で折れていたと思う。

鋸山山頂を過ぎると、大ダワに出てそこからハセツネコースとなる。
出たところに、調度ハセツネ50km地点の看板があり、
50kmもショートカットしたのにこの疲労度か、、、と軽く凹む。


しかし、道も広くなり、走りやすいコースで暗闇に慣れたのもあり
段々楽しくなってきた。
そしていつのまにか大岳山山頂へ到着。

ここからは下りが多くなり、自然と走る場面も増えてくる。
しかし、上りは歩き、下りは走るというペース配分。
仕事後疲れた体ながら徹夜で走っている状況を考えると、
とても助かるペース配分。

その後、順当に御岳山~日の出山へ。

日の出山には日の出前に到着し、ご来光は見られなかったが、
曇り空だったので、時間丁度にそこに居ても見られなかっただろう。

あとは武蔵五日市までひたすら下るのみ。

下っている途中に日の出時間となり、森のヒグラシが一斉に鳴き出し
耳を塞ぎたくなるほどの大合唱で眠気も覚めた。

付近も明るくなり、ハンディライトをポケットにしまい、
間もなくヘッドライトもOFFにした。
nightrun
(夜明けの金毘羅山付近からの眺望。眼下に武蔵五日市の街)

完全に明るくなり、ハセツネゴール付近の小学校まで到達。ゴールは近い。
朝早く起きている地元の人達と何人かすれ違ったが、ハセツネに慣れているためか、
早朝に汗だくでサポートタイツとヘッドライトをつけた人を見ても全く変に思われなかった。

その後、武蔵五日市駅に向かったが、このあたりのコンビニは
リアル「セブンーイレブン」なので、朝6時にはオープンしておらず、
駅前の自販機前でコーラと缶コーヒーで乾杯し、本日のナイトランは終了。

今回のように経験者の後を長く走るのは初めてで、
歩くときは歩き、走るときは一気に走るメリハリのあるペース配分や、
下りの素早い足裁きや走り方はとても参考になった。

先頭なので蜘蛛の糸を数百と顔で切っていたかと思います。
改めて、ありがとうございました>roadmanさん




「今回使用した道具」

GENTOS SG-305 "閃"
GENTOS(ジェントス) 閃(セン)
GENTOS(ジェントス) 閃(セン)






日々是さんの日記でSG-309の存在を知り、トレイルラン用なら
持ちやすい長さがあったほうが良いだろうと思い、
100ルーメンのSG-305をチョイス。
値段もお手頃価格。
100ルーメンの明るさは凄い。これだけあれば十分だ、という明るさだった。
小さく明るいだけに、ボディが熱くなりすぎないか?心配だったが
そんな心配は無用。
GENTOS30周年記念モデルだけにしっかりと作られている。

今回は付属のアルカリ電池を使用。4時間くらいで光量が落ちてきたので、
長い時間のナイトランの場合は電池の種類検討と、予備電池は必要。



SKINS パワースリーブ

これは夏場の暑い中でのトレイルランには良い。
腕の日焼けもガードできるし、coolmax素材も相まって、
腕を振る時は常に風を切っているから常に腕が冷やされた状態になり
風が吹いて無い森の中でも涼しかった。

また、ハンディライトを持っていると手が下げっぱなしになるので、
腕にむくみを感じていたところ、途中からパワースリーブを装着したら、
腕のむくみが軽減できたのを体感できた。
やっぱ効くんだ、と改めて実感。

…が、そんなSkinsが9月1日より価格変更 (SKINSよ、お前もか!)。
昨年から2000~4000円くらい上がっているメーカーもあるし、
海外物のアウトドア製品はどこまで値上がりするんだ?
そして、SKINSやCW-XはほとんどSALE価格にならないから、
欲しいなと思っていた方は今のうちに。

欲しい時が買い時…





SUUNTO(スント) t-1c(ティー ワン シー)
SUUNTO(スント) t-1c(ティー ワン シー)

SALE中。ハートレートモニター(心拍計)付きでこの価格。
今回のナイトランでも使用。

|

« トレイルラン・キャンプ・レポート(2)装備編 | トップページ | 自作ULトレッキングポール(試作) »

コメント

お疲れ様でした。くもの巣も多少ありましたが、そんなに大変ではなかったですよ。あの獣臭に比べれば(笑)

下りに関しては、場数を踏むと、足の置き場が見えてきたり自分のリズムが判ってくるようになるので、激斜面と思ってもすんなり下れるようになっていきますよ。

今週末は、残念ながら家族で房総でオートキャンプなので、来週の土曜夜にスタート~大ダワまで走ろうと思ってます。

投稿: roadman71 | 2008年8月11日 (月) 13時28分

>roadmanさん
こんにちは。
来週も行けると思います。
今週は独自でスタートから浅間峠まで行くかも?
暑さ次第ですが、、

投稿: 夜明けのランブラー | 2008年8月12日 (火) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144334/42062310

この記事へのトラックバック一覧です: ナイト・トレイルラン(奥多摩):

« トレイルラン・キャンプ・レポート(2)装備編 | トップページ | 自作ULトレッキングポール(試作) »