« STILL ECHO | トップページ | 青梅高水トレイルラン 装備編 »

2008年4月 8日 (火)

青梅高水山トレイルランニング大会

trail run

第10回lafuma青梅高水山トレイルラン大会(35kmの部)に参加しました。
ロード、トレイル含め人生で初のランニング大会と呼ばれるものに参加。

青梅の会場には1500人以上ものトレイルランナーが集合。
これだけのトレイルランナーがいるのか!という驚きと、その光景は圧巻。
今回は山仲間も総勢20名ほどエントリー。ブームが来てます。

trail run
物販ブース。驚きのSALE品もあったり、物欲も刺激されまくり。
行動食やシューズ、ウェア、ハイドレーションもここで買って揃えることができる。
もし全て忘れ物をしたとしてもここに来れば大丈夫。


matrix
レース前のウォーミングアップにエアロビ。エアロビも初体験。
まじめにやると結構キツイ。
ストレッチとウォーミングアップを考えられた内容で最適でした。
そして気分も楽しくなった。

レース中は写真を撮る余裕は当然無く、かろうじて撮ったのが以下。 trail run
心拍計(SUUNTO t1 coded)のアラーム設定を練習よりプラス5に設定したが、
すぐに振り切れてアラームが鳴ってしまう。

後ろからどんどん抜かされるが、心拍計を見つつ一定速度で我慢の走行。
(かといって、それ以上も速く走れなかったのだけれど…)

今回のレースで心拍計を着けた人を多く見たが、SUUNTO t1(coded)の混線はナシ。


trail run
折り返しの高水山山頂のお寺。
ここで御守りをもらい、それが折り返しの証明となる。
今年1年の安全祈願のお守りとして、パックに常駐しておこう。

trail run
給水所では地元の方々の差し入れがたくさん。
疲れた体がオレンジで生き返る。他には塩、梅干し、黒糖、バナナなどもある。
こういう地元の人の応援がとても励みになる。

水は1.2L程持っていったが、給水所では毎回コップで2,3杯飲んだ。
これがなかったらハイドレーションは足りなかっただろう。
とにかくこの日は暑かった。

そして結果は…?
trail run
完走です!
タイムは4時間30分台。

ゲートを通過してすぐに、ゴール付近で待機していた仲間にいきなり
缶ビールを手渡され、反射的に缶を開けてしまった(笑)
あまりお酒は得意ではないが、この日ばかりは水のようにビールが飲めた。

しかし、トレイルランはキツイ、、、何度も気持ちが折れそうになったが、
景色をみたり、一歩一歩瞬時に考えながら足を置いて凸凹を越えるという行為が
楽しく、そしていつの間にか時間と距離が過ぎていく。
もしこれがロードだったら続かなかったかもしれない。

まずは完走という第一歩の目標はクリア。
そして、弱点であった膝痛も出さず無事ゴールすることができた。
走ることでこれまでの歩く時の自分のフォームの欠点も見え、
それが改善できたのが何よりの収穫であった。

次回、6月の志賀野反トレイルレースに向けて(その前に八峰登山大会もあるが)
楽しく走っていきたい。



最新号のR25にトレイルランが取り上げられてます
そして、シャワークライミングでいつもお世話になっている、
セブンヒルズアドベンチャーの池ヶ谷さんがアドバイザーとして登場。
シャワークライミングの帰りにプチトレランとなって走る姿を見たが、
ハセツネ上位選手なだけに速かった!

まわりにトレランする人がいないけど、やってみたい、
という人はここのトレランツアーに参加してみてはどうでしょうか?
初心者でも楽しく、安全に楽しめると思います。


次回は装備編です。
初レース、完走記念によろしければランキングclick!…

|

« STILL ECHO | トップページ | 青梅高水トレイルラン 装備編 »

コメント

お疲れ様でした~。
トレランブーム、完全に来てますね。
あまりにも急なので、環境問題や登山者との接触事故とかで、
安易に「山を走るとは何事だ」みたいな論調にならないことを祈ってます。。。

心拍計、良さそうですね~。物欲刺激されてます(笑)

投稿: もりもり | 2008年4月 8日 (火) 13時59分

>もりもりさん
こんにちは。
おくればせながらブームに乗らせてもらってます。
静かにのんびり歩ける山ほど走りやすかったりしますしね。
既に箱根50kでも出た問題ですが、マナーが悪いと追い出される
可能性はありますね。。。

心拍計が無ければこの短期間で調整できなかったと思います。

投稿: gamera | 2008年4月 8日 (火) 18時53分

ブームで変に荒れることなく、うまく共存できると良いですよね。

>心拍計が無ければこの短期間で調整できなかったと思います。
また、誘惑するコメントを(笑)

ゆくゆくは自転車でも使いたいので、
PODが使えるt3を、と思っているのですが、
見た目重視のALL BLACKか、
サイクリングパックで価格重視のBLACKか悩んでます。。。

反転液晶は全く問題ないですか?

投稿: もりもり | 2008年4月 8日 (火) 19時25分

>もりもりさん
t1は黒い部分も明るくなるので、バックライトをつければ問題ないと思います。
しかし、ライトをつけない状態で、少しくらい場所での視認性を必要とするならば、
反転じゃないほうが見やすいと思います。
自転車は両手がふさがりますから、そう考えるとバックライトをつける操作は
もどかしく感じるかもしれませんね。

投稿: gamera | 2008年4月 9日 (水) 18時17分

散々悩んだ挙げ句、
コストパフォーマンス&確実に液晶が見えること重視
で、サイクリングパック(t3 black+bike pod)にしました。

アドバイスありがとうございました!
今度SUUNTO談義しましょう(笑)

投稿: もりもり | 2008年4月13日 (日) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144334/40810059

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅高水山トレイルランニング大会:

« STILL ECHO | トップページ | 青梅高水トレイルラン 装備編 »