« 忍び寄るステルスソール | トップページ | mion »

2007年7月17日 (火)

雨の時こそカメラを持って。

RIMG0004 RIMG0003
RIMG0001 RIMG0002

雨は平凡な日常の景色を、絵になる景色に変える時がある。

雨で排気ガスの汚れが落ちて、本来の青さを取り戻した木々。

スクランブル交差点に一斉に咲くカラフルな傘の花。

濡れたまま、目を細めて通りを見つめる野良猫。

誰もいない公園。

世界が反転する水溜り。

空き地の隅に倒れたバイク(みさっちゃん)

・・・雨になると、普段では見られないものがソコカシコに現れる。

それに気がついた時、自分は雨が大好きになった。

そして、そんな傑作が撮れるかもしれないこの瞬間に、
カメラを持って外にいかないなんて!
そしてカメラをバッグの中ににしまっているなんて、もったいない!

雨でカメラが濡れる?

・・・確かにそれは心配。高い買い物だ。

傑作をとるか?故障をとるか?悩ましい判断が強いられる。
しかし、そこはテクノロジーでカヴァー。

防水カメラなら傘からカメラを突き出して積極的に写真を撮れる。

誰も撮らない時に撮る写真はどれも面白い。
高級カメラには撮れない絵がとれるカメラなんてワクワクする。

そんな自分の物欲を刺激するカメラがコレ。

OLYMPUS μ770SW


「防水・防塵は当たり前。」

「マイナス10度まで耐えられます。」

「耐ショック機構で落しても壊れにくい。」

「100kg耐荷重だから、ポケットに入れて座っても平気。」

「手ぶれ軽減機能付いてます。」

ジャパネットたかたも出番が必要ないくらいの必要機能のオンパレードと
この価格。

そして、極めつけなのが、

「このカメラ、気圧計もついてます。」

出た!店員さんの背中押し文句。

つまりこのカメラがあれば、
雪山、砂漠、水中にまで行けて、さらに高度計としても使える。
そして、写真といっしょに標高が記録できるという最高のオマケ付。

マウスカーソルが購入ボタンを掠める日々・・・。


あなたももう掠めてますか?

|

« 忍び寄るステルスソール | トップページ | mion »

コメント

こんにちは〜こちらにも登場してみます。
実は私も真剣に防水カメラを考えているんですが
オリンパスか、オプティオ、さらにはサンヨーのザクティなんていう
ところが候補です(いずれも中古で、なんですけど・・・・・・)
んが、これ、気圧計付きですか!!!ドギモ抜かれました。
商品としてはいちばん魅力的なのはわかっていたんですが、XDピクチャーカードのせいで
渋っていました。でも、これかなぁ・・・・・・。マップカメラに行ってみます(笑)。

投稿: ふなふな@ヒビコレ | 2007年7月18日 (水) 15時39分

>ふなふなさん
こんにちは!
Xactiは自分もかなりいいかもと思ってました。
μ770swの気圧計は、数十m単位での計測らしいので、
精度は求める人には向かないですが、
撮った写真に高度記録があると、後で見たときに思い出にもなるし、
行動記録として便利ですしね。
今、デジカメを持って無かったら手にしてそう。

投稿: gamera | 2007年7月19日 (木) 02時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144334/15784895

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の時こそカメラを持って。:

« 忍び寄るステルスソール | トップページ | mion »