« アウトドアにはまった理由(1) | トップページ | アウトドアにはまった理由(3) »

2007年5月30日 (水)

アウトドアにはまった理由(2)

(前回の続き)

沖縄にそう、しょっちゅう行けるわけもなく、悶々としていた時に、
前々会社のYさんにクライミングジムに誘われてインドアのウォールへ。
最初に行ったのは、以前のスポーツクラブに併設されたPUMP2。

クライミングというのは、体験するまでは力だけの世界だと
思っていたら、実際にやってみると、指の先、足のつま先、
体のバランスを駆使して、
パズルのように配列されたホールドの"課題"をいかに進むか?
考えながら登るので頭脳も使う。

頭で考えながら、体の末端から末端までを同時に使う感覚は、
普段は味わえないものだし、全身の神経が同時に
電気が走るようにビシッと繋がって、目が覚めるような
この感覚は今まで味わった事が無いものでした。

そして、力尽きて落下して分厚いマットの上に落ちる時、
自分の限界というもの知る。

それは頭脳であり、体力であり、技量であり、それら全ての足りなさを
ダイレクトに体で味わえる。
そんなクライミングの魅力にハマッてしまいました。

climber03 climber05 climber01 climber04
最近は中高年、女性のクライマーをジムでよく見かけます。

しばらくクライミングジムに通っていて、会社のスタッフ数名で
月1でジムに行くサークルのような活動をしていましたが、
やはり、一度は外岩を体験してみたいな…と思って、
東京で外岩といえば、青梅の先の御岳渓谷へ行きました。

先ず、御岳渓谷行って衝撃的だったのは、東京なのに
360度自然に囲まれた綺麗な自然があるのか!
ということでした。

その時の日記⇒

06
奥は御岳渓谷の橋。中央はボルダラーが集まる通称"ソフトクリーム岩"。

それまでは、自然といえば、屋久島や沖縄、北アルプスなど、
遠くに行かなければ無いもの…と思っていたわけですが、
電車や車で2時間圏内に潤沢な森と水がある。

飛行機や新幹線を使わなくても、探せば近場にいくらでも
綺麗な景色の自然の中に入っていける場所がある。

これまでは、重い荷物と、溜まりに溜まった"何か"をいっぱい抱えて、
ドカーンと吐き出すように、遠くの自然に行く、というスタイルでしたが、
自然は、行きたいときに小さなザックを持って、
日帰りでサクッと出かけられる、身近なものなのだ。
特別なものではないのだ、という事に気がついてしまったわけです。

08
御岳渓谷でクライミング仲間、昔からの仲間とBBQとボルダリングした時の写真。


(続く)

しょーがねーな、もう少し付き合ってやるか、という方は..



アウトドア&フィッシング ナチュラム

|

« アウトドアにはまった理由(1) | トップページ | アウトドアにはまった理由(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144334/15239303

この記事へのトラックバック一覧です: アウトドアにはまった理由(2):

« アウトドアにはまった理由(1) | トップページ | アウトドアにはまった理由(3) »