« SMART WOOL / ADRENALINE MICRO MINI CREW | トップページ | 東京ミッドタウン »

2007年3月29日 (木)

山とカメラ

(たまにはカメラの話でも)

早速ネタ切れか?(笑)

山に行くときはほとんどの人がカメラを持っていくと思う。
で、いつも悩むのがデジタル一眼(デジ一)か?コンパクトデジカ(コンデジ)か?
小屋泊なら迷わずデジタル一眼を持っていくのだが、テント泊となると荷物の重さや
容量を考えると、デジ一を持っていくかどうか、毎回悩む。

RICOH GR DIGITAL はコンパクトで広角。映りも一眼並みに良いのでこれがいいな、
とも思うのだが、これを持ってしまうと一眼を持って山に行きたく無くなるのでは?
という懸念もある。しかし、この軽さ、スリムで取り回しの良さはかなり魅力的。
値段もかなり落ちてきたし・・・なんて悪魔の囁きを感じていた矢先に、

本日、Caplio GX100 が発表になった。
広角、明るいレンズ、手ぶれ補正、ズーム、高画質、全部入り。そしてコンパクト。
rigx100a

マニアな方は広角レンズで手ぶれ補正・・・なんて邪道だというかもしれないが、
山では時間に追われていて、じっくり立ち止まって撮影するという余裕は無く、
ポケットからサクッとカメラを出して、サッと撮るという時が多い。
しかも、山歩きでハァハァしていたり、強風に吹かれる場面が多々。
そんな時に手ぶれ補正機能があるというのはかなり助かる。

同梱の着脱式液晶ビューファインで2眼カメラっぽく
上から覗いて撮影できるので、山の草花をマクロ撮影をする人には
グッと来る付属品なのではないか?

そしてGX100で面白いのが、正方形の1x1等比率を変えて撮影できるモードがあること。
1x1で撮れるこんなコンパクトなデジカメなんてこれまで無かったので、
山の写真を1x1で撮影してみるというのは結構面白いだろう。

しかし、山なら景色を広く撮れるパノラマ撮影機能の方が使えるので欲しい
ところだがそのようなモードは無いようだ。
メーカー的には、それはオプションの19mmワイコンレンズ買ってよ、
という事なのだろう。

そうやってオプションを追加していと、デジ一買うのとあまり変わらない値段に
どんどん跳ね上がっていく。
そうなると、多少の重さを我慢して一眼持っていったほうがいいじゃんと思えてくるので、
そこが、GR DIGITAL系の高級コンデジにイマイチ踏み切れない点ともいえる。

しかし、Caplioという名前はやめてもらいたい。
これでかなり物欲度減退。

GRでもないし、Caplioシリーズにしては高級すぎるから、名前は"GX100"のみで
いいと思うのだが?
でも、このカメラが山用としては魅力的な機能や性能があるのは確か。
スペックの対抗馬としては、ききまろズーム

・・・話は変わって、
今日、Amazonのアフィリエイトの承認が降りたので、
早速、雑誌スペクテイターのLINKを貼ってみた。
(ココログはAmazonと提携していて、デフォルトでAmaoznにLINKしやすい
機能になっている。)

実は、このblogをはじめた頃にAmazonにアフィリエイト申請したら落とされた。
同じサイトなのに今回はOKで、なんで前回は蹴られたんだろう?
実績が無かったからだろうか?

スペクテイター最新号(マウンテンハイライフ)は、
センスが良いバックパックのアイテムやファッションが紹介されている。
そして、ホーボー氏の道具に関するコラムなど実用面もツボを抑えていて、
バックパッカー必携の情報が詰まっている。
通勤通学バッグに一冊、忍び込ませておきたい。

|

« SMART WOOL / ADRENALINE MICRO MINI CREW | トップページ | 東京ミッドタウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SMART WOOL / ADRENALINE MICRO MINI CREW | トップページ | 東京ミッドタウン »