カテゴリー「[06] Foods & Cook」の記事

2009年8月 3日 (月)

OSJおんたけウルトラトレイル100km 装備レポート

おんたけウルトラトレイル100K時の装備の一部についてレポート。


●カーボショッツ/エレクトロライトショッツ
Shotzelectrolyte
出発前に自分の周った都内のショップでアスリートソルトが
どこ行っても品切れ。
会場のブースで売っていることに期待していたら、ここにも置いてなくて、
高いカーボショッツのエレクトロライトショッツを購入。
20タブレットで2400円。1タブレットで500mlだから、
20回使えると考えると、そう高いわけではない。
10個で1200円ならもっと売れると思う。

この微炭酸のシュワッと感がけっこう長い間続くので、
リフレッシュされて良い。久々のヒットでした。
炎天下で試してないですが、おんたけ100Kでは足攣り無しでした。


●スマートウール/PhD トレイルランニング ミニ

おんたけのガレ道は酷いときいていたので、クッション性の
あるソックスを探していて、これを試してみた。
足裏にはテーピングしまくりだったのもあり、
足裏の痛みは、数日後に少し痛いかな?レベルで収まった。
(シューズはバスクのブラーSL)
それよりも雨で道が悪く、シューズが濡れまくりだったのだが、
水はけと保温性が良くてすぐに乾いて快適だったので、
水溜りは思いっきり突っ込んで行けた。
アウトドア教則本にはよく書かれていることだが、
特に雨の日はメリノウールのソックスに限る。


●running stick(CCC バージョン)
Rstick
今回は、suuさん、Junさん、あんさんの3名に最新版を使用して
もらった。(自分のは強化パーツ対策の無いバージョンを使用)
重さは1本80gに抑えたかったが、強化パーツを加えたので
1本90g程となった。

8月のUTMB(CCC98km)に出場する各名の仮想CCC対策となる、
今回のおんたけ100Kということもあり、みんなのstickが折れてないか?
走りながら時々心配をしていた。

suuさんは近くで何度か使っているのを見ていて心配は無かった。
第3CPで前方に全く知らない人が見覚えのあるstickを使用していて、
なんで持っているだろう?と不思議だったが、すぐにsuuさんが
貸したのだとわかった。脚を傷めていた選手にstickを貸してあげたらしい。
(こういうことがサラっとできるのが、男だねぇ…)
その選手も無事ゴールしていたので耐久性実証としては
まずまずの結果を残せた。(⇒suuさんレポート)

そして、Junさんは女子総合4位入賞!と自慢できる実績を残して
くれましたが、stickの使用頻度は多くなかった?(笑)


●GoLite/Virga Jacket

大会中、雨の酷い時に上だけ着用。持っていながらも雨に当たったことがなく、
雨中での使用は今回が初めて。
防水ジャケットで重さ221gと、今となっては軽い方ではないが、
昨年買ったときは最軽量部類で、大きな湿気排出口があるわけでも無いので、
軽量化優先と割り切っていたが、
今回ダム湖畔の林道を汗だくで行動していながらも、予想を裏切る
透湿性で快適だった。

表面の撥水効果も有り、表面に水が残らないのが、透質性能をしっかり
引き出していたのだと思う。このジャケット以外にもいえることだが、
メンテナンスで撥水性能をキープすることが透湿性には重要だと思った。
値段と重さと性能を考えるとコストパフォーマンスの良い
防水ジャケットだと思う。


谷川岳残りレポ、高妻山、富士山…レポート溜まりまくり中…

[03] Clothing, [05] Equipment , [06] Foods & Cook, [09] Trail Run, 【S2】 DIY/MYOG | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

これ、大豆ですから…

090403_140201

イチゴに続き、バナナも美味い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

伊豆縦走トレイルラン(装備編)

今回試したのは、ストレッチ性のあるライナーグローブ。

Black Diamond / LIGHTWEIGHT
BD
このグローブ、同系統のグローブの中では安価ながらカッコいいので
目をつけていた人は多いかと思います。

注目したいのが、手の平のキーポケット。
近所を走る時は、片手にキー、もう片手にコインを入れて走れば、
ポケットでチャリチャリと音がしないで済みます。
これは便利。

BD
今回の伊豆とレイルランではジェルフラスクを持っていかなかったので、
エナジージェルを袋から直接飲んで、走行中の一時的なゴミポケットとして使用。

その他、服装はハセツネ時と同じ、ワンパターン(笑)
これにホグロフスのLIMバリアプルオーバーを追加しただけ。
この服装で2年ほど経過。元はとったかな。


jagariko
それから、最近の行動食にかかせないのがカルビーの「じゃがりこ」。
輪切りのポテトチップスだとボロボロになりやすいけど、
これは硬いので割れにくい。
写真は「ほんのり梅味」。季節限定で売られていた。
これなら塩分とクエン酸の両方が補給可能?…というのはオーバーで、
梅はほんのりと風味程度でした。

じゃがりこ話のついでに、じゃがりこでポテトサラダを作るレシピが公開されてます。⇒google





| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

WE LOVE ゆるキャンプ

ハセツネ反省会と題された、ゆる~いキャンプをしに
場所は奥多摩駅から駅から10分もかからない、氷川キャンプ場へ
行ってきました。

今回の写真は全て2年連続でハセツネ完走したLISUさんが撮影。
写真が素晴らしかったので全部お借りました。

make pudding
13時頃にキャンプ場に到着。
先に到着していたAさん(新妻)が何やら作ってます。
今回のゆるキャンプのメインディッシュのアレ(仮称)ですね。

DSC_4937
何ができるのか?…しばし待ちましょう。(実際は渓流で冷やしてます)

pumpkin
先のアレ(仮称)が出来るのを待っている間に、
久々にダッチオーブンでカボチャの丸焼きを作った。
こげたチーズと生クリームのソースの香りが食欲をそそる。

今回、使用した炭火台は、UNIFLAMEのファイヤーグリル
ハセツネ完走のご褒美に購入。
ダッチオーブンやBBQ、焚火、などなど値段も控えめながらマルチに使えて便利。

そして、昼から、ほうとう鍋、ちゃんちゃん焼き…etc 次々と料理が出てくる。
食べて飲んで、区切り無くそのまま夜の宴へ突入。

camp fire
火を囲み、レースに出た人、観戦していた人、今度出ようと思っている人、
それぞれの想いを語り、レースを振り返る。



fire
肉とか、海産物が次々投入される。

ちょっと目を離すと、

「そんな料理あったのか?」

と、食べ物があっという間に無くなる。
ゆるキャンプながら食べ物だけは油断できず。



LOVE
お腹も満たされ、上記写真撮影したlisuさん提案で、
バルブ撮影とハンディライトでサインを作って遊んでみました。

ハセツネで使った夜間の武器である超強力LEDハンディライトも、
戦い終わればただのライト。

同じ位置を照らしすぎると光すぎて、早すぎると掠れてしまう。
慣れるのに少しコツが必要で、何回か試して完成したのが上の写真。
自分はVを担当。Uにならないように気をつけた。

そして夜も更けて、焚き火の蒔きも無くなり、
一人、二人とそれぞれテントへ戻る…。


toast
そして、翌朝へ。

焚き火で焼いたトーストの香りに誘われてか?
一人、二人とダラダラとテントから出てくる。
そういえば起床時間は決めてなかった。
これぞゆるキャン。

普通のスーパーで売っている食パンなのに焚き火で焼くと香ばしくて激ウマ。
朝も寒すぎず、熱すぎず、この時期のキャンプが一番気持ちよい。
焚き火トーストを齧り、のんびりとコーヒーを啜り、幸せな気分。

pudding in nature
そして、今回のメインディッシュである、昨日作ったアレ(仮称)の正体は・・・?!

プリンでした。

カラメルに紅葉が反射。
秋らしく、食欲と芸術のコラボレーション。


big pudding
では、いただきます…ってサイズが!?

バケツで作った巨大プリンでございます。
大きいので型崩れするか?と思ったら、バケツの形そのままをキープ。

食べても食べても無くならないプリン。
プリンでお腹いっぱいになった事は生まれてはじめて。

WOW!
結局、キャンプ参加者全員でおかわりをしても食べきれず。
近くでキャンプしていた外国人家族におすそ分け。

子供達は、

"Wow! Big Pudding! OH MY GOD!"

と大はしゃぎ(脚色有り)。
食べてくれてありがとう!


キャンプの後は、どこにも行かず温泉に入り解散。
ゆるゆるのキャンプを堪能しました。


大会から3週間、いまだにトレーニングさぼり中・・・

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル≪スタートセット≫
ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル≪スタートセット≫

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

トレイルラン・キャンプ・レポート(2)装備編

前回に引き続き、トレイルラン・キャンプレポート2回目の今回は装備について。

Granite Gear/WISP
mitousan
トレイルラン・キャンプ用として買った初使用のGranite Gear/WISP。
腰のホールドがしっかりしていて、横揺れが抑えられ、カーブも走りやすい。
横が抑えられると、今度は中の荷物が縦に揺れだすということがわかり、
縦のコンプレッションベルトをしっかり締め直したら、縦揺れも抑えることができた。
走るには不安な所は無く、十分な性能だということがわかった。

行動するには全く問題は無いが、もう少し大きくても良かったのではないか?
と思うのが、腰のポケットの小ささ。
左側に塩とアミノバイタル、クエン酸などのタブレット。
右側に携帯兼デジカメでポケット容量はいっぱい。

その為、補助食のパワージェルはショルダー部分にジェルホルダーをつけ、
ジェルフラスコに入れて使用した。
こうすることで、特に不便無く使用することができた。

Platypus1+OxygenO2のキャップ
mitousan
サブハイドレーションとして真水を入れて使用。
このキャップは飲んだあと空気が逆流しないので、常に真空状態になるから、
パックの中で水が揺れる事を防げる。
この写真も半分くらい飲んだ状態だが空気が入ってないのがわかるだろうか?
OxygenO2は夏場になるとコンビニなどで見かけるので、
発見したら1つキープしてみては?
追記)※新製品はこの特殊なボトルキャップではないものが出ているようなので注意。

Pacific Outdoor Equipment/insul-mat uber micro pad
mitousan
走りに影響しないよう、とにかく軽くするということで98gのこのマットにした。
今回は夏場で地面が草と砂利混じりの土で平坦だったこともあり、
朝まで熟睡できたが、底冷えのある肌寒い季節や、ゴツゴツした岩場での
キャンプではパッドが薄いのでキツいと思われる。

Integral Designs/Sil Poncho
silponcho
ポンチョにもタープにもなる軽量派には大定番のSil Poncho。
発売から時間も経っているので特に詳しく書くことも無いが、
今回初めてタープとして使用したが、広すぎず、狭すぎないサイズが
とても良いと思った。
(後ろはmorikatuさんのヘネシーハンモック)

(ポール)モンベル/ツェルトポールセット
ポールは当初、トレッキングポールを使用しようと思っていたが、
パックの外に装着すると収まりが悪かったのと、トレッキングポールの半分の
軽さだということもありモンベルのツェルトポールセットにした。
本当はFoxtailが良かったのだが、値段が5分の1程安いコレにした。

(バグネット)Equinox/The Mantis
写真の半身サイズの吊り下げ式のバグネット(128g)。
ブヨや蚊の多いキャンプ場だったが、上半身を覆うには十分な大きさがあり、
寝ている時に刺される事は無かった。
silponcho

NITE-IZE /Figure 9 (Small)
silponcho
タープ(Sil Poncho)を留める自在金具として使用。
バテバテでキャンプ地に到着する事を想定して、楽にタープを設営できるように持参。
一般的な2穴の自在金具は1個2g程で、Figure Nine(S)は1個4g程。
Figure Nine(S)は2mm-5mmのロープが使え、写真のように細いロープでも
しっかり留めることができるので細いロープと合わせることで荷物を小さく、軽くできた。
ロープの細さは耐久性的には問題あるかもしれないが、これで耐えられない程の
強風の時はSil Ponchoをかぶって潔く避難。


よろしければblogランキングclick!…

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

トレイルラン・キャンプ・レポート(1)

CA3B0019
(三頭山にて)

志賀野反トレイルランに出場した某ライター氏の企画に便乗し、
三頭山から大菩薩峠に向けてトレイルランキャンプに行ってきました。
morikatuさんも参加。

雑誌の記事になるかもしれないし、ならないかもしれない?
とのことで主に身の回りの事のみ書きます。

--

トレランキャンプ用にパックも新調し、装備も身の回りで一番軽めのものを
選んで気合を入れて向かったはずが…。

三頭山から8kmほど進んだ松姫峠の駐車場付近で
志賀野反トレイルレース出場の3人組にふさわしく(笑)
雷雨にみまわれ大マテイ付近のエスケープルートで途中下山。

平山キャンプ場でキャンプをしてきました。

silponcho

装備)

■パック:Granite Gear / WISP

■ハイドレーション:
・CAMELBAK/オメガリザーバー 2.0
・Platypus/Platypus 1(1.0L)

■レインウェア:
Golite / Phantom Jacket
Golite / Reed Pant

■スリーピング類:
・Integral Designs / Sil Poncho
・ポール:モンベル/ツェルトポール・セット
 
・バグネット:Equinox / The Mantis
・寝袋として:ISUKA / ゴアテックスシュラフカバーウルトラライト

・マット:P.O.E /insul-mat uber micro pad
・シート:タイベックシート
silponcho

■防寒着:
上:モンベル/U.L.ダウンインナージャケット
下:モンベル/U.L.ダウンインナーニーロングパンツ

■火器/食器類:
・ストーブ:トランギア/アルコールバーナー
・風防&ゴトク:T's Stove/Ti ペグ五徳風防
mitousan
・マグ:A&F/チタン・トレールマグ
・マグの蓋:Snowpeak/"極"の蓋
・武器:UNIFRAME/チタン先割れスプーン
・コージーとして:Granite Gear/Air Cooler(1pint)
・100円ライター

■その他
・着替え(Tシャツ、下着、短パン、帽子、ソックス)
・手ぬぐい
・ファーストエイドキット
・ライト
・ジェル用フラスコ 2個


今回の重さについて)

体重計測定で、水と食糧抜きで4.6kg程。
シュラフ無し、テントもタープにしたのに、劇的に軽くなっていないのは、
パックとレインウェアとシュラフカバーが割と重い為。

歩きのみなら、Sil Ponchoをレインウェアにすればよいのだが、
2000m以上の標高の雨天時のトレイルランを想定し、
動きやすい上下セパレートのレインウェア(500g程)を追加。
結果、雷雨にあたり持参は正解だった。

その他のアイテムや使い心地については後ほど書いていきます。


涼しくなる頃にリベンジ…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

リゾーニ

Risoni pasta
今回の簡単アウトドア料理は米粒風パスタ、リゾーニを使用。

大型のスーパーでは置いてあるところが多いので手に入りやすい。
この紙の箱がいきなり容器なので、濡らさないように注意。
山に持っていくならジップロックの袋などに移せば問題ないでしょう。

Risoni pasta
【用意したもの】
・リゾーニ1箱(500g)
・フリーズドライのスープ(今回は無印良品のミネストローネ使用)
・オリーブオイル少々
・塩少々

(食器類)
・コジーとして使える反射性の保温素材の容器カバー(参考記事
・ジップロクのスクリューロック風の容器
・A&Fチタン・トレイルマグ


Risoni pasta
トレイルマグの半分くらいが約80g(普通盛)。
大盛な気分なら気持ち足して100g程でもOK。
リゾーニは洗わないで、そのままでOK。

Risoni pasta
コジーに入れたジップロク風の容器にリゾーニを入れ、沸騰したお湯を入れる。
お湯の量はリゾーニの上面から1.5cmほどのところまで注ぐ。
そして、オリーブオイルを少々たらしで軽く混ぜる(リゾーニがくっつかないようにする為)

そして、15分ほど放置。




Risoni pasta
15分たったら、用意したフリーズドライのスープの素を混ぜれば出来上がり。
スープの素によりお湯が足りない場合は、お好みで足せばOK。

【追記】
燃料に余裕がある場合は、コジーは使わず、普通のパスタのように
コッヘル等で
温めて作ったほうが温かく美味いです。
これはあくまで省エネでも作れるという例です。

で、その味は…?

野外にはもったいないくらい普通の料理の味。
というか、普段の食事もこれでOK。

リゾーニはパエリアとしても使えるほどなので、米(というかタイ米)っぽくもなるし、
もともとパスタだし、放置時間を長くするとリゾット風にもなる。
米に慣れた日本人向きともいえる。

スープの素やソースのバリエーションだけ、味のバリエーションが増えるから、
アルファ米ばっかりだと飽きるので、こういったものを混ぜると
飽きないメニュー計画が作れそうだ。

腹減りました~… 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

無印良品FDキムチスープ

Mujikimu_2

軽量お手軽食事を考えるシリーズ。
今回はおなじみの無印良品のフリーズドライ キムチスープを使用。

MUJI KIMUTI
今回は自宅なのでアルファ化米ではなく、玄米ごはんで代用。
実際に山ではアルファ化米のお湯を入れられるパッケージを想定。

MUJI KIMUTI
パッケージには200ccと書いてありますが、お湯の量はお好みで。
(※本来はスープ単体としての製品です)

(感想)
野菜が豊富で歯ごたえもあり、イケました。
まぁ、元々美味いスープにご飯を入れるというのはハズレることは無いでしょう。
さらに肉を足すとクッパっぽくなりそうです。

山では疲れた体に無性にキムチを食べたくなる時があるけれど、
臭いが心配だったり、重かったりであまり持っていく気にはなれないが、
これなら軽いしもって行くのも苦にならない。

ニンニクを足す時は単独山行でお願いします・・・


MION(マイオン) 99117 スラック・タイド・トング
MION(マイオン) 99117 スラック・タイド・トング

mionが激安中。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

雲取山~長沢背稜(2)

2回目はテント場編。

■使用したクックウェア類
雲取山~長沢背稜 雲取山~長沢背稜

(左)スノーピークのチタンダブルマグ450ml用フタをシングルウォールのマグに使用。
今回はあくまでスタッキング用の蓋としての活用。
※本来はチタンダブルマグ専用なので注意。

(右)そして、中には定番のトランギアのアルコールストーブと…

雲取山~長沢背稜
▲T'z StoveさんのTi ペグ五徳風防
不安定な場所でもしっかり立ってくれて、チムニー効果で燃焼力がいつもより
安定していた。素晴らしい!

■食事
雲取山~長沢背稜 雲取山~長沢背稜
▲今夜の晩飯は定番の尾西のアルファ化米の白米と山菜おこわの二つ。
そしてアマノフーズのFDカレースープは、スープカレーとしてではなくて、
白米のパックに一緒に入れて、お湯を注いでしまいます。

雲取山~長沢背稜 雲取山~長沢背稜

(左)チタンカップやアルコールストーブ、スプーン類のケースとして使っている
Granite Gearのエアセルブロック(Sサイズ)。
保温&保冷機能があり、先ほどのお湯を入れたアルファ米を入れてジップを閉めて
コジーとして使用。
15~20分ほど待つものを10分ほどに短縮して食べられる。

(右)先ほどのスープカレーを使った"ものぐさカレー"の出来上がり。
お湯を入れるだけで、容器を洗う必要が無く、カレーが食べられる…というだけで幸せ。
食べ終わってジップしてしまうとゴミから匂いも出ず、しかもフリーズドライで軽い。


■テント内
雲取山~長沢背稜

雲取山荘横のテント場、2008年5月5日朝3時23分
シェルター内の気温は8度。(時計を手で持ったら気温が1度上がってしまった)

背後のシェルターに見える水滴は外側の朝露。
一晩中入口のファスナーを開けていたので、室内の結露は最小限に抑えられ、
水滴が降ってくる程の結露は無かった。

次回は長沢背稜編です…





ディナースープ・カレースープ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

青梅高水トレイルラン 装備編

R0013419R0013420
Haglofs/Halo Vest (`07モデル)
WINDSTOPPER SOFT SHELLでストレッチ性があり動きやすい。
背中のメッシュが粗めで通気性が良く(写真右)、前からの風を防ぎ、
汗冷えも防げて上手く体温調節をしてくれるところが良い。
背中が長くなっているので、背中に大量の汗をかいて、
短パンの腰あたりに大きな汗滲みができても、それを隠せる。
(さらに、ぽっこりお腹も隠せる(笑))
トレイルランに限らず、寒暖の差が激しい山歩きでは最近はコレを着ている。
秋の屋久島でもまだ夏のように暑い海の近くから、氷の張る宮ノ浦岳頂上まで
ずっとこのベストの下に速乾性Tシャツを着て行動していた。
走って良し、歩いて良しで手放せない1着。

insoleura
今回の大会までに試したインソール
練習で試した中ではSuperfeet(青)SHOCK DOCTOR ULTRA2 で膝の痛みが出ず、
良い結果が得られた。
やはり値段の高いインソールはそれなり良いということがわかった。
今回の大会では履きなれたSuperfeetで走った。
次回はULTRA2で走ってみたい。
こうして並べてみるとシューズがもう1足買えるくらいの出費となってしまった…。
シューズはNEW BALANCE MR873J を履いた。


行動食
Powerbar GEL(梅)3個
・アミノバイタルゼリー1個
SOYJOY(新作のストロベリー)1個(食べず)
給水場でオレンジや塩、黒糖のサービスがあった為、
上記で足りたが、補給がなければ足りなかったと思う。(特に塩)

ハイドレーション
・CAMELBAKアンボトル2.0にポカリスエット1.2Lほどを入れた。
給水所でコップ水を飲んだので足りたが、なければ足りなかったと思われる。



■会場での戦利品
NATHANOSJ

(左)今回参加賞のNATHAN/QuickDrawPlus
普段の練習用にグリップ付のボトルが欲しかったが、参加賞でコレがあると
知っていたので買わずに我慢していた。
小物入れがあり、小銭や鍵、食べ物が入れられるので便利。
ランニングに限らず、ハイキングでも使える。
(最新版はボトルトップにカラビナがあり、さらに使いやすくなっている)
さらに、PowerbarとVAAMゼリー、そして御守りももらえたので、
参加費を考えるとお得な大会だったと思う。


(右)OSJバックナンバー
会場のOSJブースで2004年の創刊号から最新号まで置いてあったので
全部もらってきた。
4年前から今までの雰囲気がつかめて最近デビューのポッと出には有難い。


トレランネタが続いてきましたが、そろそろライトウェイトな
ハイキングも準備中…



   

| | コメント (4) | トラックバック (0)