カテゴリー「[03] Footware」の記事

2012年7月18日 (水)

HOKA ONE ONE / Stinson B Evo

IMG_5574[1]


流行りの薄々ソールのミニマルシューズの対極にある?超厚底シューズのHOKA ONE ONEの最新モデルStinson B Evo。ただショック吸収の為に厚底というわけではなく、ソールはカカトから爪先にかけて丸くラウンド上になっており、転がすように走れるシューズだ。

普段の練習では履いてたが、50kmオーバーのレース実戦(奥久慈50kレポ参照)で使うのは初めて。レースのレポートにも書いた通り、今回は体調が悪くあまり精度の高いレポートではない事を承知して読んでいただきたい。


<トレイル平地>
当然だが平地や走れるトレイルや林道では全く問題なし。また、自分は2008年から普段でもMBTを愛履しており、コンセプトの似た両者のラウンド状の厚底ソールを転がすように移動するのには慣れているのかもしれない。特に硬い砂利の林道ではソフトなソールで凸凹の突きあげを気にせず快適に走る事ができた。

<トレイル登り>
ソール形状が一新され、mafateよりも前傾かつソールが薄めになったことで屈曲性能がアップしたおかげか?噂で聞いていたカカトが浮くような症状はこれまで1度も無く、一般的なトレイルシューズとの差を感じる事は無かった。しかし、薄くしたことで他のトレイルシューズとの前足部ソールの厚い事から生まれるメリット、デメリットの"大きな"差や個性が無くなってしまったとも言える。そのあたりに開発者の葛藤が伺える。
[mafateとの比較をした動画⇒■]

<トレイル下り>
テクニカルな根が絡み合う下りの場合、厚底で足裏感覚がボヤけるので根で滑る感覚を素早く察知して回避するのが若干遅れ気味になった(そもそも根は踏まないものであるが、どうしても踏んでしまう場合という意味で)。しかし、このシューズでハセツネで優勝した選手もいるので、慣れれば問題無いかもしれない。分厚いソールの衝撃吸収力は言わずもがなとてもソフトでロードの下りでもトレイルを走っているようだった。

<グリップ力>
テストとしては幸いな雨天となり、トレイルは気を抜けばすぐにスリップするマッディな状態。グリップ力は悪くは無いが、凄く良いというわけでもなかった。しかし、フラフラしながら走りつつも尻もちを着くスリップは無かったので、もしかしたらシューズの性能に助けられていたのかもしれない。この辺は体調の悪さから精度の高い評価では無いことを了承してほしい。


IMG_4374[1]

<まとめ>
中盤の林道区間では道も広くて走りやすく、硬い砂利道の林道となったが、ここまで30km走って来た脚であっても、その疲労を感じる事無く下り基調の11km程のコースを飛ばして走る事が出来た。そして、奥久慈の第三関門をギリギリで通過できたのは、このシューズで林道を飛ばせたことによるタイム短縮が出来たおかげだと思っている。今後は特に後半に脚を残したいウルトラ級の長距離レースではこのシューズを履こうと思っている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

ALTRA / THE INSTINCT

ALTRA INSTINCT

写真は今流行りのいわゆるナチュラルランニング・シューズのALTRA/THE INSTINCTです。こちらはロード用です。

SKY HIGH MOUNTAIN WORKSさんから入荷後に即日発送していただき、到着の翌日に皇居ランを20kmしてきました。

箱を開けて気がついたのは以下2点。

●特徴①ZERO-DROPソール:
ZERO-DROP(足前とかかとのソールの厚さが1:1でフラット)のシューズは初めて履いたが、前部とかかとのソールの厚さが1:1ということだが、履くとかかとの方が若干下がって感じる。これはいままでかかとが上がったシューズが殆どだからそう感じるのだろう。実際に見るまでは薄いソールの印象だったが、前足部のソールの厚みはレース用のランニングシューズと同等か、それより厚いかもしれない厚さだ。
ALTRA INSTINCT


●特徴②前足幅の広さ:
足先の幅がとにかく広い。シューズの中で無理無く足指全開でパーにできるくらいに広い。

以上の2点がまず目立って他のシューズ違うところだと感じた。

ALTRA INSTINCT

●実際に履いて走ってみて:
走りはじめると、いきなり自然にフラット着地走法が出来た。特に意識することなく出来たのが不思議であり、このシューズの秘密なのだと思う。ZERO-DROPって何?という疑問がすぐにこの事だと体感できた。

そして、上記特徴②の足幅が広さは実は不安要素であった。足幅が広いと着地時に前足部の前アーチが出来ないということであり、前アーチが出来ないと衝撃吸収ができず、衝撃がダイレクトに足に来るのではないか?と不安だったのだが、シューズの前足部のクッションが適度に柔らかくアスファルトでも心地よい着地が出来てその不安は一蹴された。

しばらく走って思ったのが、このシューズで走るのは足先に専属のトレーナーがいるような感覚だった。ソールの形状から強制的にフォームを改造させるのではなく、あくまで自然に「この走り方の方が心地良いでしょう?」とナチュラルランニングのフォームをやんわりとお勧めしてくれる。コアなブランドのイメージとは反対でとてもソフトな主張の仕方だった。体が自然なフォームを感じた事で、久々に走っていて気持ち良さを感じた。

そして、皇居の周りを2周して10kmを過ぎた頃から、坂道になるとハムストリングス(尻から裏腿)全体に適度な負荷がかかることを感じる事ができた。これまでフォアフットを主張するシューズを履いた際には特にふくらはぎに負荷がかかっていたが、このシューズはふくらはぎは楽になり、上手くハムストリングスを使わせてくれる。これは正しいランニングフォームになっている証拠ともいえる。(参考:ウォーク&ランで男前)。


●走り終えて:
初履きながら写真など撮りつつキロ約5分30秒ペースで20kmを完走。終了後の脚のダメージは全く無し。この記事を書いている翌日もハムストリングスの違和感や痛みも無し。(※公式サイトでは初めての人は800mくらいから始める事を推奨しています)


●まとめ:
正しい筋肉に適度な負荷が効率よくかかれば、短距離・短時間のトレーニングでも、そのトレーニングの価値が上がる。そして、負荷を弱めたい初心者ならペースを落とせばいいし、負荷をかけたい上級者はペースを普段のペースまで上げたり、コースに坂道トレーニングを含めれば良い。そしてソールのクッション性が良すぎて物足りない人は付属の薄めのインソールに交換できる。初心者~上級者までどちらにも対応できる幅広さがある。というわけで、これからフラット、フォアフットランニングを始めたいと思っている人に訊かれたらまずこのシューズをお勧めしたい。

このINSTINCTはロード用だが、トレイル用にはLONE PEAKというモデルがある。(参考⇒■


ALTRA JAPANサイト⇒■
関東取扱店:Hiker's Depot
関西取扱店:SKY HIGH MOUNTAIN WORKS

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

minimus

Minimus

minimusブームに乗り遅れてしまった方に朗報。
8/3に海外限定モデルが入荷だそうです。これなら他の人と色も違ってイイのではないでしょうか?今ならサイズ選びたい放題です。

自分も履いて1.5ヶ月程ですが、minimusの一番良いところは足の指の付け根をギュッと絞めつけるサポート部分が良い感じに前アーチを作ってくれて、フォアフット着地時の衝撃を和らげてくれる所です。人気の秘密はここに凝縮されていると思います。ちなみに、自分は走りより普段履きの方が稼働率が高いです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

TaraLite

超超お久しぶりです。
あまりに久しぶりで、blogの書き方を忘れてしまいました。。。

さて、一昨日にULTRA-TRAIL Mt. FUJIが正式発表されました。UTMBの姉妹レースとなる100マイルレースを日本で走れるなんて…一昨年までは夢のような話でした。自分の中ではF1が日本で開催される的な盛り上がりに似ています。

ホーム開催とはいえ、166キロを走る場合はエリートランナーはスタミナとスピードコントロールとダメージをいかに軽くするかという集中力が必要だし、完歩で歩き通すなら睡魔のコントロールとマネージメントが必要で、速くも無いし、遅くも無い中間層の人はそのどちらも対応をする必要があり、それぞれ簡単にはいかない壁が存在する距離だと思います。食事は問題なさそうですね。この大会の話はまた後日。

で、話が変わって先日おこなわれたOutdor Retailer Showで一番注目したのはGoLite FootwareのTaraLiteでした。
taralite_M_Side_burntorange

名前は名著「BORN TO RUN」でお馴染みの、走る民族タラウマラ族のタラからとった名前だと知っている人にはわかるネーミングです。

パッと見、デザインも良いですし、シューズの中にサンダル紐を入れてしまったというユニークさが履き心地が良いか悪いかは別として、それだけで自分的にはOKです。(その理由は下記に)
taraliteSandal

というのは、足の親指と人差し指をキュッと締めると膝の周り筋肉が安定するのです。(…と、いつもの整体の先生に教わった)その場で親指と人差し指を締めたり、開いたりしてフォアフットランニング(足の前側から着地)をしてみると若干の違いが分かると思います。

だからタラウマラ族の人たちはサンダル(タイヤのゴムに紐を付けた)でも脚が痛みにくく、昔の飛脚も草鞋でも長い距離を走れたのではないか?と個人的には推測しています。

単に前足で着地するだけではなく、足の親指と人さし指を締めて緊張感がある状態が、もう一つのフォアフットランニングに必要な要素だ…と思っていた所でこのシューズの登場。それで注目したわけです。


話は変わって、同じくGoLite FootwareのSWAGGLE LITEは新製品ではないですが、カジュアルな服でOKな会社の人にはこのシューズはいいですね。これまではこの手のジャンルで服に合わせやすいシューズはメレルのジャングルモックくらいしか無かったので嬉しいです。通勤ランでも使えそうです。
gf

というわけで、国内のオシャレアウトドアショップのオーナーの方々、GoLite Footwareを取り扱ってもらえないでしょうか?

…その際は、サイズUS11もお願いします。


【送料無料】Born to run走るために生まれた

【送料無料】Born to run走るために生まれた
価格:2,100円(税込、送料別)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

久々のトレイル(奥多摩)

hasetune
約1ヶ月ぶりのトレイル。
5月の新緑の良い季節を通りすぎて山はもう夏。

hasetune
トレーニング復帰1回目に選んだのは、ハセツネコースの
スタート~第1関門の浅間峠~上川乗バス停までの約24kmのコース。
今回は今年のハセツネに初エントリーしたすっしーと試走へ。

hasetune
これまで使っていたイーサTECのソールが磨り減ってしまい
今後の大会がガレ場の多いとのことで、底が厚めのVASQUE ブラーSL にしてみた。

今年からサイズ設定が大きめになったのか、相当幅が広い自分のような
大足サイズでもゆったり履ける。これまで海外通販で試し履きせず、
サイズが合うか合わないか?一か八かで買っていたが、
国内で試し履きできて、買えるサイズが出てきたのはとても嬉しい。

vasque blur SL
ソールは厚底ながら足先が曲がりやすいため、踵から拇指球に重心を転がしやすく、
それによって足裏で路面の感触が良くわかる。
ソールの屈曲の解説はこちらが詳しい。

グリップに関しては、ある程度の体重を乗せるとジワリと滑りつつ止まる感じで、
下りの衝撃を上手く逃がす調整がしやすかった。
イーサはエッジが効いてガッチリ止まる感覚だったが、こちらは少しマイルドな感じ。

突き上げ感については、ガレ場を長く走ってないのでわからないが、
薄すぎたり、ヨレて痛いということは無さそう。

hasetune
スタートから20km地点の三国峠から見る山々。
雲がなければでっかい富士山が堪能できるのだが、残念ながら見られず。

トレイル一ヶ月ぶりということもあり、市道山を過ぎた12km地点あたりから、
腿の痙攣が起こる寸前の状態が続いた。その後、醍醐丸の上りに相当やられてしまった。
特に上りの筋肉が弱っていることを実感。

熊よけ鈴のサイレンサー(マグネット)に大会ゼッケン用の安全ピンが
くっついていた事を思い出し、ハリ天狗さんに教わった安全ピンによる方法で腿に刺激を入れて、
だましだまし進む。

hasetune
だましだましハセツネ第一関門の浅間峠に到着。ここから東屋を見るアングルが好きだ。
この日は誰もいなくて静かだった。当初はここで休憩して昼飯でも食べようと
思っていたが、14時48分(現在の休日運行時刻)上川乗発のバスの時間が
迫っていたので、休憩なしで先を急いだ。

この日、ランナーとは10人もすれ違わなかった。
ハイカーもそう多くは無く、静かなトレイルランが堪能出来た。

帰りはバスで十里木のバス停で降りて瀬音の湯へ。
試走と書くとストイックな感じだが、ゴールに温泉のあるトレイルランコースプランが
出来るハセツネコースはファンランとして良いコースだと思う。



おひさしぶりのclick!…

[03] Footware, [09] Trail Run | | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

MBT経過報告(約1年半)

Big_wm7105
MBTを約1年半ほど履き続けたが(以前の記事)、結果的には良かったと思う。
ほぼ毎日履いている。

そしてだいぶ履きこんでしまったので、メンテナンスに出して2足目購入。
しかし高い・・・けれど、それだけ効果を感じたので購入。

トレイルランの講習会では、上りでは「臀部や脚の裏側の筋肉を使え」という
指導されることが多いが、MBTを履くとはまさにそこの筋肉を使う歩き方になるので、
普段からその部分が鍛えられて、山では意識しなくても
自然に使えるようになり、腿前部の筋肉をあまり使わなくなった。

今では、2~30km程の山道を歩いても、走っても筋肉痛とは無縁になった。
年齢的に一日空けての筋肉痛(笑)も最近無い。
(さすがにハセツネの後は数日間、筋肉痛になったが…)

それから、以前も書いたが、
上手く歩けるとスーッと軽やかに前へ進むし、下手だと逆に軽く負荷がかかるので、
一歩一歩毎に、その一歩を上手く歩けたか?失敗したか?、
というトライ&エラーを常におこなっていて、それが体でわかるので、
それもフォームに良い効果を生んでいるように思う。

あとは、歩道で信号待ちの時や、電車の中で(手すりにすぐ掴まれる場所)で
バランスをとって、腹筋を意識してバランスをとると腹筋と背筋を鍛えられ、
運動する時間が無い時でも鍛えられるのが良い。

このビデオを観ると欲しくなるので注意(笑)
こういう海外のプロモーションビデオは本当に作りが上手い。


スポーツクラブの年間の会費よりも安いので良しとしよう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

Vasque / イーサーTEC

Vasque/イーサーTEC
R0013802b

ここ2回の練習で履いたトレイルランシューズ。
そろそろ新モデル発表があるようなのでその前に書いてしまおう。

(履き心地)
商品到着に時間がかかり、届いたのが大会まで3週間前ということもあって、
今履いているものが壊れるまで履く予定がなかったのだが、
試しに足を入れてみると、決してワイズが広いわけではないが、
かなり幅広な自分の足でもしっくりくる履き心地。

メッシュで全体的に伸びやすいのと、後述のboaシステムの効果で、
均一にソフトにホールドしてくれるので狭さを感じない。
全体が満遍なく足に当たっているので、どこにも当たっている感じがしない。
ソックスを履いているような目から鱗のフィット感だった。

足型は個性があるので、誰にもそう感じるようなものではないが、
このシューズは自分の足型に良く合ってくれたらしい。
自分は大学時代はVasqueの親会社であるレッドウィングのワークブーツを
履き続けていたこともあり、それで足に馴染んだのだろうか?
そう思うとなんだか懐かしい気分になった。

これなら慣らし時間が少なくてもイケると判断。
実際に先日の講習ランで履いてみたが、2回ほど実際に山で履いたが、
予想通り靴ズレや痛みは無しだった。

R0013803

(boaシステム)
そしてこのシューズの最も特徴的といえる、boaシステム
ダイヤルを回すとワイヤーが締まり、ダイヤルを持ち上げると
ワイヤーが緩むようになっている。
スノーボードのブーツで馴染みのある方も多いと思う。

自分はboaシステムは初体験だったが、初めての感想としては、
書くまでもなくシューレースを結ばなくて良いのが楽すぎて、
これを一度味わってしまうともうシューレースタイプに戻れない程。

(ソール)
グリップ性能のついては、先日の講習会で雨天でドロドロの下り道を
下った時も、先頭集団で走っていて初めて履いて走っているのに、
グリップさせる時と滑らせる時の両方の加減がコントロールしやすく、
初心者の自分でも一度も滑ってコケずに下山することができた。
当日の現場の様子⇒

履き慣れない初回から、自分で上手く滑りを調整できたのでとても信頼出来た。
ソールの硬さも、硬すぎず、柔らかすぎずで調度よいと思った。
岩場での下からの突き上げ感も問題なかった。

(その他)
履き心地とは関係ないが、シューズを洗うのが楽。
紐を外してシューズを洗って、乾いたら紐を通してっていう作業は
面倒くさいが、洗って干してすぐ履けるというのは本当に楽。

…というわけで、履き心地、グリップ力、軽さ、メンテナンス、どれも満足がいった。

sakaiya

…しかし、シューズ選びって難しい。。。

ということを今回改めて感じたことがあった。

先日、誰も悪いことを書かない評価の高いシューズ(過去のblogには登場していない)
を履いて走ったら、足の捻りを連発して捻挫をしてしまった。
その為、ここ数週間の試走はテーピングで固めて走っている。

(追記:NEWシューズということもあり、こういうアクシデントも想定して、
予めテーピングをして走っていたので軽めの捻挫で済んだ)

原因は、ソールがガチガチに硬すぎて、足裏感覚が鈍ってしまった事で、
踏んだものの状態がわからず、捻りの回避が遅れてしまった為。
最初からこのシューズを履いてトレイルランに慣れていればよかったの
かもしれないが、最初に薄いソールのシューズからトレイルランを開始したので
その感覚で走ってしまったことも原因だろう。

しかし、合う人には合い、問題も起こらないのだから、
その人の足や走り方によるのだろう。
自分には相性が悪かったようだ。

結局、シューズは他人の評価がどうであれ、
実際に自分で履いて使ってみないとわからない。
一発目から自分に合うシューズに出会えた人はラッキーだと思う。

自分は4足目にしてようやく自分の足に合うシューズと出会えた…


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

GoLite / SPIKE TAIL2

先日の高尾山で試したもの、その(1)

GoLite / Spike Tail 2
Spike Tail 2
新しい靴を買うつもりがなかったけれど、1サイズ小さいものを試し履きしたら
幅広の足にも合うことがわかったのでセール価格の間に個人輸入で注文。
潔くこのシューズ1足だけ買ったが、なぜか関税が免れて+送料のみだった。
たまにはこんな事もあるらしい。

市場では08年の新モデルを見かけるようになったが、公式ページが昨年から
更新されていないので、詳しい情報が乏しい。
もう7月になるのに、このまま更新されないのだろうか?
Flashで凝ったページは更新が遅い、というのは良くある事だ。

さて、
履き心地は幅広の足でもゆったりしており、紐をしっかりしめても、
メッシュ生地でストレッチするので窮屈すぎず適度なフィット感に調節できる。
逆に足の細い人はサイズ選びには注意したほうが良さそう。

グリップ性能に関しては、ガチガチにグリップして止まるタイプではなく、
すこし滑りながらやんわりと止まる感じだった。
Spike Tail 2

先日の横山選手のレクチャーで、わざと滑らせて下るテクニックがある
(わざと滑らせて衝撃を吸収することで、足の負担を減らす)という話があり、
必ずしも「滑るソール=欠点」では無い、ということを知る。
速い選手は滑らせながら下ることで衝撃緩和と高速化を図っているようだ。

ただ、エキスパートがわざと滑らせるのと、素人がやるのでは次元が違うので、
その辺は鵜呑みにしないようにしたい。

登りは地面を蹴った時の引っ掛かり感があり、いつもより登りやすい気がした。
また、木の根や石が凸凹した場所では尖ったスパイク状のソールが
上手くサスペンションのように凸凹を吸収して突き上げが緩和され、
着地時の左右の傾きが抑えられ安定性が良いと感じた。

Spike Tail 2
足首まわりにストレッチ素材の縁取りがあり、小石の侵入を防ぐ役割をはたしていて
今回のトレイルランではショートゲイターをつけなかったが、
小石が入ることは無かったので効果はあるようだ。
別途ゲイターを買わないで済むと考えると軽量化にもなるし、お得感がある。

Spike Tail 2
純正インソール。右のインソールを組み合わせることで0.5インチの±調整が可能。
今回は他のインソールに交換して使用したので、良いのか悪いのか判断できず。

まだトレイルを1回しか走っていないので、いろいろな状況で試してみたい。
履き慣れていないので来週の志賀野反でこれを履くか?迷い中。

こんな情報でもお役に立てたなら1click!・・・



| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

WALDIES.アルバ

ギア好きblog方面()で話題の「フィールドライフ アウトドア・カタログ 2008春夏

巻頭の屋久島縦走記事でホーボー氏がパックに付けていたWALDIES.アルバ

Wds_berry

同誌にも紹介されていて、重さが85gと判明。

片足?両足?かは記事からは不明だが、片足だとしても島ぞうり並みに軽い。

昨年から紹介記事は見ていたけれど、重さがわからずスルーしていたが、

この軽さはかなりソソられます。


ランキング参加中・・・




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

大足さんに朗報

ショップに行ってもいつも大きいサイズのシューズが無い、とお嘆きの貴兄に朗報。

BIGサイズシューズのコーナーがある、信州トレイルマウンテンさん。

送料込みでこの価格。

とてもありがたいお店です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)