カテゴリー「[02] Tents」の記事

2008年8月 3日 (日)

トレイルラン・キャンプ・レポート(2)装備編

前回に引き続き、トレイルラン・キャンプレポート2回目の今回は装備について。

Granite Gear/WISP
mitousan
トレイルラン・キャンプ用として買った初使用のGranite Gear/WISP。
腰のホールドがしっかりしていて、横揺れが抑えられ、カーブも走りやすい。
横が抑えられると、今度は中の荷物が縦に揺れだすということがわかり、
縦のコンプレッションベルトをしっかり締め直したら、縦揺れも抑えることができた。
走るには不安な所は無く、十分な性能だということがわかった。

行動するには全く問題は無いが、もう少し大きくても良かったのではないか?
と思うのが、腰のポケットの小ささ。
左側に塩とアミノバイタル、クエン酸などのタブレット。
右側に携帯兼デジカメでポケット容量はいっぱい。

その為、補助食のパワージェルはショルダー部分にジェルホルダーをつけ、
ジェルフラスコに入れて使用した。
こうすることで、特に不便無く使用することができた。

Platypus1+OxygenO2のキャップ
mitousan
サブハイドレーションとして真水を入れて使用。
このキャップは飲んだあと空気が逆流しないので、常に真空状態になるから、
パックの中で水が揺れる事を防げる。
この写真も半分くらい飲んだ状態だが空気が入ってないのがわかるだろうか?
OxygenO2は夏場になるとコンビニなどで見かけるので、
発見したら1つキープしてみては?
追記)※新製品はこの特殊なボトルキャップではないものが出ているようなので注意。

Pacific Outdoor Equipment/insul-mat uber micro pad
mitousan
走りに影響しないよう、とにかく軽くするということで98gのこのマットにした。
今回は夏場で地面が草と砂利混じりの土で平坦だったこともあり、
朝まで熟睡できたが、底冷えのある肌寒い季節や、ゴツゴツした岩場での
キャンプではパッドが薄いのでキツいと思われる。

Integral Designs/Sil Poncho
silponcho
ポンチョにもタープにもなる軽量派には大定番のSil Poncho。
発売から時間も経っているので特に詳しく書くことも無いが、
今回初めてタープとして使用したが、広すぎず、狭すぎないサイズが
とても良いと思った。
(後ろはmorikatuさんのヘネシーハンモック)

(ポール)モンベル/ツェルトポールセット
ポールは当初、トレッキングポールを使用しようと思っていたが、
パックの外に装着すると収まりが悪かったのと、トレッキングポールの半分の
軽さだということもありモンベルのツェルトポールセットにした。
本当はFoxtailが良かったのだが、値段が5分の1程安いコレにした。

(バグネット)Equinox/The Mantis
写真の半身サイズの吊り下げ式のバグネット(128g)。
ブヨや蚊の多いキャンプ場だったが、上半身を覆うには十分な大きさがあり、
寝ている時に刺される事は無かった。
silponcho

NITE-IZE /Figure 9 (Small)
silponcho
タープ(Sil Poncho)を留める自在金具として使用。
バテバテでキャンプ地に到着する事を想定して、楽にタープを設営できるように持参。
一般的な2穴の自在金具は1個2g程で、Figure Nine(S)は1個4g程。
Figure Nine(S)は2mm-5mmのロープが使え、写真のように細いロープでも
しっかり留めることができるので細いロープと合わせることで荷物を小さく、軽くできた。
ロープの細さは耐久性的には問題あるかもしれないが、これで耐えられない程の
強風の時はSil Ponchoをかぶって潔く避難。


よろしければblogランキングclick!…

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

トレイルラン・キャンプ・レポート(1)

CA3B0019
(三頭山にて)

志賀野反トレイルランに出場した某ライター氏の企画に便乗し、
三頭山から大菩薩峠に向けてトレイルランキャンプに行ってきました。
morikatuさんも参加。

雑誌の記事になるかもしれないし、ならないかもしれない?
とのことで主に身の回りの事のみ書きます。

--

トレランキャンプ用にパックも新調し、装備も身の回りで一番軽めのものを
選んで気合を入れて向かったはずが…。

三頭山から8kmほど進んだ松姫峠の駐車場付近で
志賀野反トレイルレース出場の3人組にふさわしく(笑)
雷雨にみまわれ大マテイ付近のエスケープルートで途中下山。

平山キャンプ場でキャンプをしてきました。

silponcho

装備)

■パック:Granite Gear / WISP

■ハイドレーション:
・CAMELBAK/オメガリザーバー 2.0
・Platypus/Platypus 1(1.0L)

■レインウェア:
Golite / Phantom Jacket
Golite / Reed Pant

■スリーピング類:
・Integral Designs / Sil Poncho
・ポール:モンベル/ツェルトポール・セット
 
・バグネット:Equinox / The Mantis
・寝袋として:ISUKA / ゴアテックスシュラフカバーウルトラライト

・マット:P.O.E /insul-mat uber micro pad
・シート:タイベックシート
silponcho

■防寒着:
上:モンベル/U.L.ダウンインナージャケット
下:モンベル/U.L.ダウンインナーニーロングパンツ

■火器/食器類:
・ストーブ:トランギア/アルコールバーナー
・風防&ゴトク:T's Stove/Ti ペグ五徳風防
mitousan
・マグ:A&F/チタン・トレールマグ
・マグの蓋:Snowpeak/"極"の蓋
・武器:UNIFRAME/チタン先割れスプーン
・コージーとして:Granite Gear/Air Cooler(1pint)
・100円ライター

■その他
・着替え(Tシャツ、下着、短パン、帽子、ソックス)
・手ぬぐい
・ファーストエイドキット
・ライト
・ジェル用フラスコ 2個


今回の重さについて)

体重計測定で、水と食糧抜きで4.6kg程。
シュラフ無し、テントもタープにしたのに、劇的に軽くなっていないのは、
パックとレインウェアとシュラフカバーが割と重い為。

歩きのみなら、Sil Ponchoをレインウェアにすればよいのだが、
2000m以上の標高の雨天時のトレイルランを想定し、
動きやすい上下セパレートのレインウェア(500g程)を追加。
結果、雷雨にあたり持参は正解だった。

その他のアイテムや使い心地については後ほど書いていきます。


涼しくなる頃にリベンジ…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

Biwak in the house

P1010203
ただいま室内改装工事中。
こんなに広く使える状況はめったにないので、シェルターを張ってみました(笑)
シェルターはOutdoor ResearchのLight Haven

P1010202P1010204
▲(左)
ガスも使えないこんな時、JETBOILは大活躍。
カーゴコジーキットは山仲間からの誕生日プレゼント。
この耐熱性のあるスプーンとフォークは持ち易く、軽くて使いやすい。
▲(右)
シュラフはISUKA AIR280、パッドはThermarestのZ-LITE。
その横にノートPCのあるこの違和感。
いや、キーボードとZ-Restの凸凹が以外にマッチしている?
ガス、水道は出ないが、無線LANは繋がるのがまさにIT化社会。


P1010205P1010206
▲(左)
フックをかける場所の無い開けたテント場ではめったにできないこの
2点をストラップで吊る張り方がまさか家でできてしまうとは…。
まさにビバーク。
▲(右)
この光景を静かに見守るフクロウの木彫り(チェーンソウアート)。
先日のワイルドナイトでジャンケン大会で勝った時の賞品。
ヒノキの香りがしてアウトドアな雰囲気をいっそう高める。

P1010213
ガス、水道が無くてもアウトドアギアがあるので全く問題が無いのだが、
TVが観られないので滝川クリステルが約一週間観られない事が発覚!(泣)
フテ寝でおやすみなさい…(寝落ち)




今日は4月1日です。
・・・に間に合わなかったネタだと思って見てください・・・


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

春を待てずに

R0013301-1R0013333-1
R0013352-1R0013357-1

雑誌のイベントに便乗して、ちょっと早い春キャンプを
楽しんできました。

車、犬、家族、ソロ、いろいろなスタイルのキャンプ好きが集まった
異種格闘技戦・・・ではなくて、和気藹々と一緒にご飯を食べて
語り合い、最新のテントが直接見られたりでギア好きにもたまらない
イベントでした。
その模様は3月発売予定のこの雑誌にて

ダッチオーブンの上手な人が焼いた焼き芋は、
皮がパリパリ、中がしっとり、ほっくほくの甘い焼き芋
になるという見本。(写真:右上)

キャンプ場だし、山じゃないし、と春秋のスリーピング装備で出かけたが、
考えてみればここは2月の富士山の麓。
もし駄目だったらどこかのテントに逃げ込むかも?と弱音を吐きつつ、
自分のシェルターに戻って就寝。
結露は凍り、シェルター内でも芝生は霜で真っ白に。(写真:左下)

JETBOILでお湯を沸かし、プラティパスにお湯を入れ、
湯たんぽ作戦でぬくぬくとさせて無事に朝を迎える。(写真:右下)



それでも春はもうすぐそこに。
ランキング参加中!…



   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

ホーボーズネスト

このblogで最近検索ワード上位なのが、このホーボーズネスト。

R0012314
R0012313

 

以前の紹介日記

というわけで、そのテントが本日から販売開始されました。

webでもここから購入可能。
http://www.bepal.net/gbepal/index.html

(BEPAL分は完売したようです。追加分アナウンスは下記ホーボー氏blog参照)

今週のBEPALでも紹介されています。
限定25張販売とのことで、迷わずポチッといちゃいましょう。


(追記)
ホーボー氏のblogが開設されました。このテント開発の話はそちらで見られます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

北岳へ(5)

R0011196
[camera:Caplio GX100 ]早朝、北岳山荘のテント場にて。


今回使用したシェルターはOutdoor Research/Light Haven

まずは、このシェルターはビバーク用の簡易テントであり、
メーカーの説明書にはデイユース向けと書かれており、
宿泊向けに作られているわけではない、ということを承知の上で読んでいただきたい。
(このメーカーの説明書を参照pdfファイル

今回はトレッキングポール2本を使用して設営した。
四隅をペグでとめて、中に2本のトレッキングポールを立てるだけで一人で
簡単に設営できた。

ポールにはLEKIの130cmあるトレッキングポール2本を使用したが、
まだシェルターの高さの張りに若干の余裕があったので
コンパクトタイプのトレッキングポール(130cm以下)の場合は注意が必要。

付属品に木に巻きつけて張る時に使うストラップが2本ついているので、
説明書(pdf)の図のように、付近に支柱になりそうなものがあるなら
積極的に使用すると良いと思う。柱にストラップで巻きつけられれば
かなり風に対して頑丈に設営できると思われる。

今回はその付属ストラップを一般的なテントで使うような自在ロープ風に使用した。
ストラップ2本付近の大きな石にまきつけて、張りを補強。
こうすれば万が一強風でシェルターが倒れることはあっても、
飛んでいくことはないだろう。

広さはシェルター自体は小さいながら、
対角線状に寝ると、左右に余った空間があるので荷物を散らかしておいても
まったく問題ないほどの広さがある。

対角線の頂点から頂点の長さは約2mの長さがあるので前後に15cmほど余裕をもった
として、身長170cm前後の人であればシェルターの壁に足が触れてOKなら
伸びて寝ることはできるが、175cm以上の人になると体を曲げて寝ることになるだろう。
この辺が宿泊向けではないということなのだろう。

通気性に関しては、シェルター上部のロゴの黒い部分の下に、
ファスナーになっている通気口が1箇所ある。メッシュは無い。
R0011272
(この下のカーブの所に通気口のファスナーがある)

さて、みなさんが気になる結露だが、日中テントに入れないくらい暑く、
フロア無し、しかも外気が急に冷え込み、
そしてシングルウォール、室内も狭い、となると結露がおこらないわけがない、
という条件が揃ってたので、案の定21時頃から結露が始まった。
この時の気温は12度。

時々、風によるシェルターのバタつきで室内での結露の水しぶきが降ってくる。
シュラフはモンベルの撥水加工の素材をつかった07年モデルの最新の
U.L.スーパーストレッチダウンハガー だったので結露からの影響はほとんど無かったのは
このモンベルのシュラフのおかげだったと思う。

日中の設営時はピンピンに張っていたが、結露の影響や時間が経ったためか、
張りが緩んで風で煽られるようになった。
バタつきを抑えるために、室内の下部の折り返しに
石を載せたところ、張りが安定しバタつきがなくなり、
シェルターの入り口は全開放して星を見ながら寝ていたら、
いつのまにか結露も無くなっていた。


まとめ:
先にも書いたが、このシェルターはビバーク用簡易テントであり、
メーカーはこれに泊まれるとは説明書に書いていない。
なので今回は使用法無視の自己責任の使用方法である。

あくまで軽量化を求めるユーザーが、他の性能をを切り捨ててチョイスする
というシェルターだから、これに一般的なレベルの快適性を求めるのは
値段からして求めすぎというものだろう。

結露が始まったら、入り口を全開放して寝る。
このシェルターはそういうスタイルがマッチしていると思うし、
そういう使い方でOKな人が使うべきシェルターだと思った。

しかしながらこの見た目、コンパクトさ、軽量さ、設営のバリエーション
の豊富さ(トレッキングポール使用、木に巻きつける方法など)で気に入ってしまった。
ライトウェイトなハイキングにはちょくちょく持っていきたいと思う。

R0011239-1
8月26日、朝4時45分。
朝方は太陽が出てくる前は気温7度くらい。
非常に恵まれた天候であった。

R0011274
北岳山頂からのご来光


R0011275
北岳山荘の早発ち者向けの朝弁当。
日本第二位の標高の山の上でこんなに大きな鮭の切り身が食べられるとは感動。
夕飯同様美味しい。
ダブル弁当というオーダーもあり、それは朝と昼の弁当が前日に注文できる。
縦走する人はそれをオーダーするという手もある。

北岳レポートは次回で最終回予定です。


(瞬間的に)ランキングベスト10に入りました!
やはり実際の山のレポートだとアクセスも多いようです。
いつもクリックありがとうございます!




秋の時計祭り! - アウトドア&フィッシング ナチュラム

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

北岳へ(4)

昼食後はシェルターを建てるも、暑くて中に入れず、北岳山荘前の
日陰のベンチで富士山を見ながら、コーヒーを啜りながら過ごした。
しかし、じっとしていると、高山症状がでるのでカメラを片手に
付近を時々散策。

北岳山荘 テントサイトの風景
R0011074

[モンベル×ODBOX]ドームシェルター U.L. UNO を発見!
R0011046
760gという軽量ながら、自立式のシングルウォールのドームテント。
ライトウェイト派注目の最新テント。

ツェルトを見ると同士を見つけた感じがして安心します(笑)
R0011078

やはり山岳地帯ではドームテントが主流。
R0011077R0011079

山荘付近を散策していたら、いつの間にか17時前。
北岳山荘の夕食の列に並ぶ。時間を分けて一度に約50人ほどで食事をとる。

北岳山荘の夕食。
R0011080
これに、肉じゃがを同じテーブルの人達でシェアして食べられるようになっている。
ごはん、味噌汁のおかわり自由。

山の上で、街の定食屋でもこんなに肉厚な魚の煮物定食を食べられるだろうか?
というくらいのものが出てくる。味もバッチリ。また来たくなる味。
まだ夕方5時なので、夜中にお腹がすかないよう、もちろんおかわり!

夕食後はまた付近を散策。

夕焼けに照らされた北岳山頂付近。
R0011139-1
[RICOH Caplio GX100]
どこからともなく雲が沸いてきては流れ、沸いてきては流れを繰り返している。

夕闇に包まれている北岳
R0011140
暗くなったからテントに帰ろう。

ということで、

お待たせしてます今回使用のシェルターのレポートは次回・・・


R0011041


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

北岳へ(3)

R0011028

北岳山頂にて軽く休憩するつもりが、
北アルプス~南アルプス~富士山まで、360度何も障害物が無い景色が堪能
できるので、その景色を眺めていたら、気がつけば30分ほどその場にいたようだ。

R0011026
(雲から頭だけ出ている富士山)

山頂から北岳山荘に向かうが、13時前に到着。
体力的にも余裕があり、間ノ岳を往復してしまうおうか?
という気持ちもあったのだが、いつか白峰三山縦走をするので
楽しみはそのときにとっておこうと思い、行くことはやめにした。
晩飯まで何しようかな~。

R0011030
[RICOH Caplio GX100]
(北岳山頂から、間ノ岳を望む。この稜線のコースが白峰三山縦走の
メインルート。奥に見える黒い山が農鳥岳。)


山荘の受付に行って、テント泊の申し込みと夕食と翌朝の弁当の予約をした。
夕食は17時の順番のカードをもらった。

受け付けの際に、山小屋のお兄さんに

「テント泊ですね?」

「ええっと、テント泊ですよね?」

「テント泊ですよね?」

と、計3回も確認をされたのは、
もし、見た目テント泊に見えない装備でそう思われたなら、
ライトウェイトパッキングした甲斐があるってものだ。
勝手にそう思うことにしよう(笑)

R0011033
(北岳山荘の昼のテント場。テントもまばら。今なら良い場所が選び放題。)


時間も余りまくっているので、今回の装備を広げて撮影タイム。
さて、今回の装備は・・・
R0011038
(自分の荷物をこうして晒すのは恥ずかしいものだ…。)


■前列左から

・シュラフ:モンベル/U.L.スーパーストレッチダウンハガー#4
・INTEGRAL DESIGN/ウェストポーチ は小物入れ(ライト、マルチツールなど)として。
・かまわぬ/長尺手ぬぐい
・ストーブセット(スノーピーク/ソロセット“極” のマグ部分300ml、自作アルミ風防、アルコールボトル、トランギア/アルコールストーブ、グラナイトギア/エアセルブロック)
・雨具(上)INTEGRAL DESIGNS/シルポンチョ
・雨具(下)モンベル/スーパーハイドロブリーズ レインチャップス

・救急キット
・食料(行動食、2食分食料)

■2列目左から

・水筒:ナルゲンフラスコ
・シェルター:OutdoorResearch/ライトヘブン
・スリーピングパッド:パシフィックアウトドア/イーパーライト
・防寒着(下)モンベル/U.L.ダウンインナーパンツ(七分丈)
・防寒着(上)モンベル/U.L.ダウンインナージャケット
・着替え袋(靴下1、着替えセット1)

■後列

・ザック:BlackDiamond/RPM (26リットル)
・ハイドレーション:キャメルバックのアンボトル2L(写真では見えない)
・ポール:LEKI/MAKALU ULTRALITE
・タイベックのグラウンドシート

毎度アバウトですいませんが、水、食料無しでの背負っての
体重計測定でちょうど5kgほどでした。
見た目コンパクトな割りに、割と重い。

いくつかピックアップして書くと・・・

(シュラフ)
モンベルのS.S.U.L#4(3℃~)[620g]はスペック的に過剰だが、
これは行けなかった大雪山用に用意したもの。

気温的にはダウンセーター上下があるので、
ISUKA AIR280(旧モデル)(6℃~)[550g]で全く問題無いのだが、
結露の撥水対策でシュラフカバーを持ってくるより、この撥水素材を使った
モンベルのシュラフだけの方が軽量だったので持ってきた。

それから、写真のように細く収納できて適度に伸縮性のある
スタッフサックが良くできていて、ISUKA AIRより小さく収納できた。
パンパンで入りきらない、なんて事は無く、楽に収納できるのが良い。


(ストーブセット)
カップをトレールマグ200mlとこのスノーピーク極の300mlで
どちらにしようか迷ったが、今回300mlの極にしたのは…?
R0011049
(この100円ショップライターはアルコールストーブの時に
手先が着火位置から少し離れるので熱くなくて良い。)


この日清のカップヌードルを食べる為のお湯の量がちょうど300mlだから。
コレを山の上で食べたくて目指してきた。
R0011053

そして、ナルゲンフラスコも340mlと、カップラーメンのお湯の量にピッタリ。


山の上で食べるカップヌードルは最高に美味いっ!…


縦長のマルタイの棒ラーメンもOKな、究極のソロクッカー
「スノーピーク"極"」

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

テントサイトで目立つ

Pack Framingo

Poefg

これから開催される夏フェスのテントサイトでは同じ色、形のテントが乱立する中、
自分のテントを見つけるのは大変なんじゃないでしょうか?

また、友達にどこのテントにいるか?なんて携帯で連絡しても
暗くなったら目印も見えなくなり、さらにわかったもんじゃない。

というわけで、こんなカワイイお役立ちアイテム。
これなら目立つこと間違いなし。

通販はじまりました↓

夏フェスの季節ですね...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

3分間ライトパッキング

DSC_0055

久々登場のBlackDiamond/RPM (26L/570g)。
キャメルバッグボトル(0.75L)はサイズ対比も兼ねる。
さて、どこか行くんでしょうか?


中には何が?
DSC_0060

今年の夏のセールで軽量シュラフマットのイーバーライト (250g)を
買ったこともあり、ウルトラライト(UL)級な装備が揃ってきたことや、
UL事情に詳しいM氏との何気ない話題の中で、
RPMでもテント泊できる、という言葉に触発されて試してみました。

今回のテーマとしては、「3分間ライトパッキング」。

例えば、休みがとれるかどうかわからず、
忙しいときに突発的に1泊で山に行きたい、
と思った時に、ささっとパッキングできるようなものを
イメージしてみました。
いわば仕事や現実からの緊急避難セットともいえます(笑)

ポイントは同類の小物類を1つのサックにまとめていること。
それから、モンベルのインナーダウンセーターは
コンパクト化に有効でした。

これに仕事帰りに行動食とインスタントの食料を買ってきて加えれば完了。
ブロック化しているので、3分かからずにパッキングできます。

DSC_0070

(奥)
・BlackDiamond/RPM (ザック)
antigravity gear/タイベックグラウンドシート

(中列:左から)
・CAMELBAKボトル(0.75L)
・プラティパスウォーターボトル(1.5L)
かまわぬ/長尺手ぬぐい
・着替えセット(中身:アンダーウェア1式、靴下1、ウールのタイツ)
・ISUKA/Air280(シュラフ)
・グラナイトギア/Air Cell Block(パープル)
 (中身:トランギアアルコールストーブセット、A&F トレールマグ


(下列:左から)
INTEGRAL DESIGNS/ウエストポーチ(小物、医療用具、トイレセット)
Insulmat[インサルマット]イーバーライト (シュラフマット)
INTEGRAL DESIGNS/シルポンチョ (雨具)
モンベル/ U.L.ダウンインナージャケット (防寒着)
OR/ライトヘブン(シェルター)

これに、食料1,2日分が加わります。
食料は、お湯を入れるだけでOKなアルファ米など
かさ張らないものを想定。
その分のスペースは確保してあります。

これで26Lのザックにテント泊セットが収納できました。
まだザックの内ポケットには何も入って無い状態なので
目的にあわせたアイテムを入れることは可能。
上蓋ポケットには行動食を入れるといいでしょう。

背負う重さは約4.8kgくらい。(水、食料、トレッキングポールは含まず)
ザックを背負って体重計での計測なのでアバウトですいません。。。

写真に撮るのを忘れましたが、これにライトへブンのポールとしても使う
トレッキングポールが2本が加わります。

装備をざっと見ると、レインウェアがポンチョだけなので
少し雨対策が貧弱です。
これに、脛丈のロングのゲイターをあわせれば暴風雨でなければ
対応できるかと思います。

この装備なら、朝の満員電車に乗っても、ザックを胸に抱えていれば
周囲に嫌がられることはなさそうですし、
もしカジュアルな服がOKな会社の人なら、
ダナーライトやニューバランスのMW960
トレッキングシューズに見えないトレッキングシューズであれば、
まさか、このまま野宿に行く人とは思われないと思います。

そして、何よりも、疲れた週末に山に行く体に少しでも楽をしてほしい。

ライトウェイトパッキングはそんな日本のサラリーマンハイカーの
生活事情にマッチするスタイルかも?と思いました。

来週は早速この装備に沢登り道具を加えて出かけます。

こちらもポチッと…




| | コメント (11) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧